下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

下北沢 凄腕繁盛商店街⑤

下北沢南口商店街から北口方面に戻ってみると
まるで「戦後のどさくさ」の頃から?と思ってしまうような
下北沢 (412)_R
下北沢 (410)_R
風景が続いた
下北沢 (452)_R
下北沢 (407)_R

けれども、この横丁は、
下北沢 (462)_R
この建物のように、今はもう現役でなく、
廻りの建物は立ち退きに応じたのか、ぽっかり空いている
下北沢 (464)_R
そんな風で、下北沢最後の「横丁」は、
今現在まで、残されている事に感謝であります。

いかがだったでしょうか、下北沢、
「ねえ、私達を撮ってよ」
下北沢 (402)_R
若いお二人にいきなり言われて撮ったkozoh55でしたが、
その人懐っこさにも、心が和みました。
そうなんです、若い街でもあるのです、
エネルギー満点。
また登場して、この凄腕繁盛商店街達を
楽しまなければいけないですね。
ご訪問下さった皆様、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

下北沢 凄腕繁盛商店街④

一番大きな「南口商店街」に来てみると、
レトロはここでも存在感満点で
下北沢 (399)_R
住宅街にもこんな美しい建物を見つけることが出来て
下北沢 (317)_R
けれども、不思議なタイトルの飲食店がいっぱい居て
下北沢 (266)_R
「なすおやじ」ついに発見できず
下北沢 (304)_R
「にしんば」とは、、、、、
下北沢 (272)_R
なんかワクワクするお店ばっかり
下北沢 (302)_R
買っちゃいました帽子専門店、欲しい帽子に出会えてんですから。
下北沢 (306)_R
商店街のバナーが、まあ珍しい事
下北沢 (290)_R
下北沢 (293)_R
どうなんでしょう、これって、
私にとって忘れられないキャラクターでした


下北沢 凄腕繁盛商店街③

一番街商店街を東へと歩くと、
いつの間にか「下北沢東会商店街」に出会う。

一番街とは違う「レトロ」がそこに待っていてくれた
下北沢 (222)_R
ここは何を見せてくれる場所なんだろう
下北沢 (225)_R
凄い迫力なのは確かだった
下北沢 (227)_R
ぽつりぽつりと、飲み屋さんが続く
下北沢 (232)_R
下北沢 (241)_R
看板にいわれを聞いていいのでしょうか
下北沢 (245)_R
下北沢 (248)_R
たくさんの人が出てきて集まっている
下北沢 (253)_R
そう、演劇を終えたのだ
下北沢 (228)_R
この街は、文化がたいそう好きみたいだ
下北沢 (283)_R
下北沢 (285)_R
下北沢 (288)_R


下北沢 凄腕繁盛商店街②

まずは「下北沢一番街商店街」

若者向けのシューズや衣料ショップがレトロに飾られて
下北沢 (21)_R
ここは、基本アンティークショップ
下北沢 (41)_R
ちゃぶ台がたーくさん、アンティークばかりで
下北沢 (26)_R
シルバーフォックス、なんか懐かしい響き
下北沢 (27)_R
レトロ時計パーツ、引き寄せられますね~
下北沢 (32)_R
こんなケースこそお洒落ですよ
下北沢 (35)_R
なんだろう、駐車場のカウンター?
下北沢 (36)_R
回るデザインが、他とは違いますね
下北沢 (59)_R
ここも「レトロ床屋」さん、
下北沢 (69)_R
こんな木の扉があって、たむろする場所だったのでしょう
下北沢 (72)_R
中が見たかったな

ほら
下北沢 (95)_R
もちろん現役の靴屋さん
下北沢 (97)_R
時計屋さんも「昭和」そのもの
下北沢 (80)_R

楽しいんです、この街を歩いていると

下北沢 凄腕繁盛商店街①

「下北沢」事前にネットでこの街を調べてみると、
なんと駅北側に3つ、そして南側に3つ、そう、
商店街の中に駅が埋まっている、そんな街、かなあと。

とりあえず、北口を出て、「おいしそうかな」と思った「一龍」さんへ
下北沢 (13)_R
というか、この建物が雰囲気ありますよ
下北沢 (16)_R
3階の左側、窓なしでブルーシート、やりますね
下北沢 (18)_R

「ラーメンお願いします」
「ラーメン一丁」とベテランのご主人が奥さんに声掛け
下北沢 (2)_R
見た目はちょっと味噌っぽいですが、
下北沢 (4)_R
まごうことなき「ラーメン」、醤油とか味ではなく「ラーメン」
下北沢 (9)_R
「味噌」「醤油」「塩」ではなく、スープが一番の主張。

ふと、自分の「かあさん」の事を思い出した。
よく、トンコツやら野菜やらをたくさん網に入れてダシを取って
子供達に作ってくれたのが、こんな「ラーメン」。

麺は中太でちぢれ、そう、この麺のようだった
下北沢 (10)_R

そして、基本、味は薄めで、飽きが来ない物
下北沢 (11)_R
美味しかった、しみじみ、舐めるようにスープをすすりました

下北沢にまで来て、「かあさん」を思い出したのは、
こちら、「下北沢一番街商店街」にある「一龍」さんのおかげです
ありがとうございます。

「中華そば一龍」 
東京都世田谷区北沢2-30-11

さあ、商店街!商店街!