下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

谷中根津千駄木 お正月②

千駄木から根津には狭いワインディングロードを通る
谷根千20170102 (18)
谷根千20170102 (19)
根津に着いても、街はお休み、お正月休み
谷根千20170102 (22)
谷根千20170102 (23)
そうだ、これが「明治乳業」のマークだった。
谷根千20170102 (24)
谷根千20170102 (25)
京都、島原でも見かけましたよ~
170215-103104-京都20170216 (68)_R

根津は、さりげなく美しい建物がたくさんある
谷根千20170102 (27)
これほどの建物は、やはりお医者さん
谷根千20170102 (28)
「はん亭」明治時代建築の木造3階建ては
谷根千20170102 (31)
こうして残されていること自体が奇跡
谷根千20170102 (33)
お正月、開いているお店が少ない中
谷根千20170102 (34)
なんだか心が落ち着く
谷根千20170102 (35)
中華を頂きました。
谷根千20170102 (36)
ラーメンは薄口で優しかったな
谷根千20170102 (38)

谷中根津千駄木 お正月①

タイトルの通り、今年の1月2日に訪れました。
なんとなく、目的もなしにぶらぶらする場所、私のブログ発祥の地、です。
谷根千20170102 (1)
谷中銀座から入る場合が多いですね「だんだん坂」
谷根千20170102 (3)
「やねせん亭」最近は街が主催の落語会、よく行われるようです
谷根千20170102 (2)
お正月の谷中銀座はどんな感じでしょうか
谷根千20170102 (5)
谷根千20170102 (7)
はい、右側のお店がほとんどお休みでしたね
谷根千20170102 (8)
お客さんは沢山来てます
谷根千20170102 (10)
また落語の写真
谷根千20170102 (6)
お店の方の話では、写真の「古今亭 志ん生」さん
この商店街のすぐ裏にお住まいだったとか

あっという間に千駄木の「よみせ通り商栄会」
谷根千20170102 (12)
戦前、戦後初期にかけて、ここに「夜店」露店がたくさん出てたんですね

その名残の飲み屋街「すずらん通り商店街」
谷根千20170102 (13)
群馬に「弘子」という名の友人がいたなあ

路地が似合う千駄木
谷根千20170102 (16)

谷中・千駄木 路地にひっそり佇んでました

ふと、後で写真を見ると、どこだったからわからなくなってしまうような名もなき通りや横丁。
これは、千駄木で発見したすずらん通り。一間もないような幅の飲み屋さん達がぎっしり軒を連ねていました。
夜になると、サラリーマンがいっぱい集まるんでしょうねえ。安く飲めそう。
CIMG3175_R.jpg
谷中に戻ってみると、上野桜木方向の細い道に脇にそっと佇む「初音横丁」そうです、この辺りは初音町という町名だったのですね。
CIMG3222_R.jpg
どちらも昼はお休みなさいですが、これから繁盛し始めるのですね。
谷中の最後はやっぱりこの子。
CIMG3206_R.jpg
今日も元気そうで、一安心ですねえ。このまちにはまた来なきゃね。

谷中・千駄木 これまた地元の方のオススメ

谷中銀座を突き当ると、そこは千駄木CIMG3166_R.jpg
いつもは左に曲がり、千駄木方面に向かい、最後に根津駅で帰路に就くのだけど、今日は右を向いてみました。
よみせ通り。ここにも、谷中が地元の女性おススメの肉がとにかく美味しいという「コシヅカハム」を発見しました。しゃぶしゃぶ用和牛、すき焼き用和牛など、霜降り肉が店内ところ狭しと陳列されているかと思うと、CIMG3193_R.jpg
外からはイタリアなどの本場の燻製お肉がショーウインドウを埋め尽くしていましたとさ。
CIMG3197_R.jpg
霜降り牛肉、食べたかったよ~。次回、ちゃんと買いに行こう。

谷中・千駄木 栗自慢のお店発見

この間、偶然、食事をしたお店の若い仲居さんが、谷中出身だと聞いて、おススメしてくれた1番目が、ここ
「和栗や」
CIMG3160_R.jpg
茨城県で取れた良質の栗を使った和洋菓子が売りで、店内での食事中心の営業。席がいっぱいだったので諦めて、
栗ソフトクリームと、和栗パイをお土産で買いました。栗のソフトクリームは栗が強すぎて、あっさり好みの私には微妙でしたが、お家に帰ってから食べた和栗パイは最高に「これが本物の栗ですね」と口の中で栗自体の味が舌に押し寄せてきました。マロングラッセみたいにお酒などで漬け込んでいるのとは違うのですね。
CIMG3165_R.jpg
どちらもお値段は350円でした。
CIMG3346_R.jpg