下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

梅は主役か脇役か 亀戸天神④

江戸時代文政5年(1805年)、船橋に住む勘助さんが、
「梅」や
亀戸1111 (7)_R
「藤」の季節に、
亀戸3 (6)_R
(2014年5月撮影)

亀戸天神にたくさんの人が参拝に訪れるのを見て、
当時船橋が良質の小麦の産地だったことから、小麦からお餅を作り
黒蜜ときなこをかけてこの地で参拝客に出した、
亀戸天神111 (228)_R
船橋屋謹製「くず餅」
亀戸天神111 (237)_R
いや~一人でたっぷりと味わいました
亀戸天神111 (229)_R
この黒蜜の甘さは、この「亀戸」「亀井戸」だけでなく
亀戸天神111 (226)_R
江戸中の垂涎の的となって、江戸・東京名物となっていったのです
亀戸天神111 (218)_R
美味しくて、ところてんまで頂いちゃいました
亀戸天神111 (236)_R

いかがだったでしょうか、梅の季節の亀戸天神、
戦があろうと飢饉があろうと、毎年この時期になると
美しく咲き誇る梅に会いに来て、家族の平穏や学問成就を祈り
そしてあの甘い蜜のくず餅をいただくことが、
現代で言うとディズニーランド以上の庶民の楽しみだった
そんな風に想像しました
みなさんはいかがかんじたでしょうか
主役?脇役?
ご訪問下さった皆さん、、感謝申し上げます
またぜひ遊びにいらしてください。

PS もう一つご紹介、
 「揚げたてが一番おいしいに決まっている」と言い切るご主人
本当にオーダーを受けてから揚げてます。作り置きしないのです。
亀戸・秋葉・日本橋 (236)_R
そのパリッとした食感は、一度食べたら忘れられなくなります
亀戸・秋葉・日本橋 (241)_R
「宮精肉店」さん
亀戸・秋葉・日本橋 (246)_R
亀戸駅北口から数分、亀戸五丁目中央通商店街入口近く 
   全国メンチカツファンの皆様、ぜひご賞味あれ!

kozoh55

梅は主役か脇役か 亀戸天神③

しっぽが
亀戸天神111 (167)_R
あらいぐまラスカルだったようでして~
亀戸天神111 (168)_R
偉そうなねこですが
亀戸天神111 (172)_R
なんか、かわいい
亀戸天神111 (175)_R
またしてもラスカル登場
亀戸天神111 (188)_R
フーッツ
亀戸天神111 (184)_R
ハーッツ
亀戸天神111 (193)_R
この子は去年も見たような気がします。

まあ、亀戸天神は、猫を祀る寺社じゃないです。
亀戸天神111 (204)_R
亀さんは祀られていますよね、たぶん。

この亀、去年も見たような気がします、って、わかるわけないか(笑)

梅は主役か脇役か 亀戸天神②

亀戸天神も一週間後に再訪
亀戸1111 (13)_R
紅白競い合い
亀戸1111 (25)_R
どちらが好きですか?私は赤かなあ
亀戸1111 (31)_R
亀戸天神の梅は咲き終えている、そう感じたのに
亀戸1111 (9)_R
蕾の子もいるんですから
亀戸1111 (46)_R
また、姿が優しく美しい
亀戸1111 (98)_R
君も梅まつりを見に来たのかい?
亀戸1111 (123)_R
亀戸1111 (109)_R
やっぱり天神様には梅が必要なんです
亀戸1111 (127)_R

次はどこに行きましょうか

梅は主役か脇役か 亀戸天神①

例年だと、梅の記事が何本か続き、そして桜へと
季節は移ろっていきます。でも去年から梅より先に咲く
川津桜がこのブログに春号の開始を告げてくれます。

ならば、梅は主役か脇役か、皆さんで感じてみて下さると
嬉しい限りです。
亀戸天神111 (9)_R
2月末頃になると亀戸天神の「梅まつり」が始まります。

そわそわ、として天神様訪問。
亀戸天神111 (10)_R
亀戸天神111 (14)_R
梅がいました、これはもう満開かもしれません
亀戸天神111 (15)_R
目の前にいると、花びらの存在感が凄くて、薔薇のような花びら
亀戸天神111 (17)_R
盆栽風、いえ盆栽です
亀戸天神111 (39)_R
さくらの枝垂れた姿も美しいですが、
亀戸天神111 (45)_R
梅の方が似合っている?
亀戸天神111 (148)_R

亀戸天神111 (109)_R

亀戸天神111 (134)_R
これも梅?って思ってほしい
亀戸天神111 (57)_R