下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

吉田松陰 ~江戸の絆~(4)

旧江戸城(現在は皇居)に残されている、桜田門。
これが、内桜田門
丸の内・皇居二重橋 (104)_R
そしてこれが外桜田門
丸の内・皇居二重橋 (108)_R
安政の大獄を断行した大老井伊直弼は、安政7年3月3日に
この地で凶弾に倒れた。

井伊直弼と吉田松陰は、お互いが死してなお、深い縁を持っている。
井伊直政に始まる「赤備え」の井伊家は、
世田谷の地を江戸での菩提寺とする。「豪徳寺」
豪徳寺 (603)_R
この地には、暗殺された井伊直弼のお墓もあり、
豪徳寺 (670)_R
現在は、松陰神社と肩を並べているみたいな、そんな距離感。

現在は招き猫発祥の地、そう呼ばれています
豪徳寺 (659)_R
幕末、敵と味方であった「吉田松陰」の松蔭神社と「豪徳寺」井伊直弼
世田谷の地にあり、ライバルが、歩いて15分位でお互いの場所に辿り着くなんてことが、
あり得るのですね、不思議、不思議。
豪徳寺・松蔭神社 (48)_R

いかがだったでしょうか「吉田松陰~江戸の絆~」
長州藩の天才と言われた松陰は、30歳という若くして処刑されました
作られた江戸のお墓は、南千住や世田谷に残されているのです。
これらを訪ねる旅には、刑死した吉田松陰の最後の時が綴られ
悲しかったり、知らなかったネタ話がたくさんありったり、超お勧めです。
訪問して下さった皆さん、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。
kozoh55

吉田松陰 ~江戸の絆~(3)

なぜ世田谷の地に松蔭神社はあるのか?
豪徳寺・松蔭神社 (5)_R

世田谷100 (201)_R
なぜ復元された松下村塾まであるのか?
世田谷100 (205)_R
世田谷100 (209)_R
優しい吉田松陰像
世田谷100 (206)_R

吉田松陰が処刑された4年後、文久4年、高杉晋作、
伊藤博文らによって長州藩主の別邸があった世田谷の地にお墓が作られました。
豪徳寺・松蔭神社 (15)_R
明治15年、吉田松陰の門下生が話し合い、お墓のそばに社が置かれ、
祀られることになったのです。
弟子たちにとって、神格化する事こそが供養だと考えたのでしょう。
豪徳寺・松蔭神社 (14)_R
石灯籠の奉納者の名には明治の元勲が、、、伊藤博文、井上馨、山縣有朋、
世田谷100 (216)_R

「松蔭神社商店街」
世田谷100 (159)_R
ホームページでその魅力を「元気で優しい」と書かれていました。
世田谷100 (160)_R
どこもかしこも
世田谷100 (176)_R
ほんとうそう、優しい街でした
世田谷100 (192)_R
教育者として武士・商人・農民等しく接した吉田松陰の優しさが
世田谷100 (185)_R
この街を包み込んでいるからでしょう

次の最後の記事は、意外な場所かもしれません。
おたのしみに、



吉田松陰 ~江戸の絆~(2)

南千住の駅そばにある「回向院」、正式名「豊国山 回向院」
三河島・南千住 (43)_R
この黒い石に書かれた文字「小塚原回向院」
三河島・南千住 (44)_R
江戸時代、ここから少し南には「小塚原」という処刑場があり
処刑者達の供養のために両国回向院の分院としてこのお寺は作られたのです。

「解体新書」を表した杉田玄白や前野良沢が「腑分け」、
三河島・南千住 (46)_R
人体解剖を行ったのもこの場所

お墓には、「歴史ゾーン」なる場所があり
三河島・南千住 (49)_R
鼠小僧次郎吉のお墓があるかと思うと、
三河島・南千住 (52)_R
松蔭と同じくして、安政の大獄で処刑された「橋本左内」の
立派なお墓が目に止まり、
三河島・南千住 (53)_R

通りすぎてしまいそうな地味なお墓、
三河島・南千住 (55)_R
これが伝馬町の牢獄で処刑されたのち、吉田松陰が葬られた場所なのです。

処刑直後は罪人でもあり、手厚く葬ることが出来なかった、
そのことが伝わってきます。

だからこそ、次の記事「松蔭神社」は「東京」に作られたのですね。

吉田松陰 ~江戸の絆~(1)

半月前、日本橋界隈をぶらりしていたら、日本橋小伝馬町にある、
「十思(じっし)公園」に辿り着きました。

それはそれは穏やかな公園で、ここが江戸時代、牢獄だった事など
日本橋ぶらり (481)_R
誰が想像できましょうか。

そうですね、この鐘が江戸時代最初、徳川秀忠の時代からの「時の鐘」だったこと
日本橋ぶらり (491)_R
鐘の向こうの白い建物は、「旧十思小学校」は昭和3年建築
日本橋ぶらり (499)_R
現在は「十思スクエア」というこれまた穏やかな福祉施設に

けれども間違いなくこの地には、江戸から明治初期まで、
「伝馬町牢屋敷」があったのです。

はっきり読み取れる「松陰先生終焉の地」
日本橋ぶらり (485)_R
辞世の句と言われる言葉、
「見はたとひ武さしの野辺に朽ちぬとも、とどめ置くかまし大和魂」
日本橋ぶらり (483)_R
「吉田松蔭顕彰碑」と灯籠
日本橋ぶらり (484)_R

安政の大獄により連座された吉田松陰は、
安政6年10月27日にこの地にて処刑される、享年30才

では、吉田松陰のお墓はどこなのか