下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

都電荒川線 勝手にしみじみ系(5)

「小台本銀座商店街」
都電荒川線 (381)_R
ここがお豆腐屋さんのご主人が言っていた、
「昔は大変な繁盛ぶりだったよ」な街
都電荒川線 (384)_R
今も商店の多くが営業中、嬉しいことです
都電荒川線 (385)_R
新しいバナーでしょうか
都電荒川線 (374)_R

微妙な場所もありましたけど
都電荒川線 (394)_R
こんな風情の街が好き
都電荒川線 (395)_R

小台商店街から少し離れてある「女子大通り商店街」
都電荒川線 (417)_R
要はこのあたり一帯が「尾久」だったわけです
都電荒川線 (421)_R
派手なカラオケ飲み屋さんが居ても、「いいとも!」
都電荒川線 (414)_R
煙草屋さん、煙草屋さん
都電荒川線 (420)_R

「このあたりは尾久の中の色街、三業地だったのですか?」
なんて聞けるわけもなく、この日も少し探してみたのですが、
「色街残照」を見つけることは出来ませんでした。

そして、尾久の一番メインの商店街が見えてきて、
都電荒川線 (427)_R
都電荒川線 (429)_R

今日の旅は終わりとなりました。田端までは行けませんね。

そうだそうだ、都電荒川線のの紹介でもありました。
たぶん「宮の前駅」です。
都電荒川線 (407)_R

いかがだったでしょうか尾久を中心とした都電荒川線界隈、
自分にはこのあたりこそが「下町の中の下町」「下町KING」
なんじゃないかと思っております。
時間が止まっているような、それとも、
果てしなく流れていることが感じられるのか、
いずれにしてもまだ歩き尽くしてないのだけは
事実のようです。
ご訪問下さった皆様、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

都電荒川線 勝手にしみじみ系(4)

荒川線沿線の名所と言えば、
都電荒川線 (313)_R
「荒川遊園」
都電荒川線 (321)_R
今でこそお子様御用達の「ゆうえんち」は
大正11年開演の老舗中の老舗。
実は開園当時は温泉と演芸場、料亭など大人の遊び場だったそうです。

いまはおこちゃま向けなので
都電荒川線 (312)_R
そうです、もんじゃ焼きはこの周辺で子供たちの食べ物として
j始まったものでしたね。

たこ焼き、たこせん?
都電荒川線 (300)_R
案外というか、やっぱりというか、美味しいたこせん
都電荒川線 (305)_R

荒川遊園は煉瓦工場跡地に作られたもの
都電荒川線 (327)_R
住宅街にそんなことを伝えてくれる「時のかけら」がありました

しみじみ系アリ
都電荒川線 (339)_R

そういえばこのあたりの地名「尾久」は
都電荒川線 (348)_R
三業地だったわけでして、料亭の名残りを感じる建物に見えました

気が付くともう夕暮れ、懐かしい感じの「お豆腐屋さん」発見
都電荒川線 (369)_R
みて、このおいしそうな姿、
都電荒川線 (366)_R
私「がんも下さい、ここですぐ食べるのでそのままでいいです」
ご主人と奥さんが、
「温めた方が美味しいから、温めあげるよ」
「いや、大丈夫です」
「そう言わないで、中に入りなよ」
結局甘えてしまった私、温めて、切って、お醤油までかけてくれました。
都電荒川線 (367)_R

「隣の小台の商店街は昔はすごく繁盛していたんだよ、
でもこのあたりはずっとこんな感じ、最近は大型店の影響もあるね」
「もう跡継ぎがいなくて廃業する店が多いね、夫婦でやってやっとやれる仕事だし」
「不思議なもんでね、夫婦喧嘩すると、その日の豆腐が美味しくなくなるんだよ」
ご主人、奥様、がんも、そしてお話ありがとうございます、
お宝話を聞かせて頂き感謝でございます。

都営荒川線 勝手にしみじみ系(3)

上中里中央商店街のすぐ近く「梶原ショッピングロード」
都電荒川線 (198)_R
老舗和菓子屋さん「明美」にて
都電荒川線 (219)_R
私はいつだってお団子派
都電荒川線 (202)_R

しみじみ風景
都電荒川線 (226)_R
都電荒川線 (228)_R
美味しかった~
都電荒川線 (238)_R
JR尾久駅
都電荒川線 (265)_R

その周辺にも昭和の原風景がここに残されていました。
都電荒川線 (272)_R
都電荒川線 (270)_R
都電荒川線 (273)_R


都電荒川線 勝手にしみじみ系(2)

荒川線界隈を「しみじみ系」と決めつけたのは、私です。
都電荒川線 (134)_R
石神井川が荒川線に沿って流れていました
都電荒川線 (144)_R
これが現在の荒川線車両
都電荒川線 (155)_R
10分もしないで現れた、「上中里2丁目商店街」は
都電荒川線 (172)_R
まごうことなき、「しみじみ系」で
都電荒川線 (174)_R
私を飽きさせてくれませんでした。
都電荒川線 (175)_R
ありがたい
都電荒川線 (177)_R
ありがたい
都電荒川線 (178)_R

都電荒川線 勝手にしみじみ系(1)

戦前戦後を通して東京を網の目のように張り巡らせてきた「都電」
荒川車庫で見かけた過去に走っていた旧車両
都電荒川線 (281)_R
都電荒川線 (283)_R
こちらは荒川遊園で見かけた「勇姿」
都電荒川線 (320)_R
この日は王子から熊野前までぶらりしてみました

都電、正式には「東京都電車」は現在、この荒川線のみとなってます。
なぜ1本だけ残っているのか?

この荒川線は都電27系統(三ノ輪橋-赤羽)と32系統(荒川車庫-早稲田)という
二つの系統が統合されて出来た路線で、
〇電車専用の路線が多く、車の渋滞問題に大きな影響を与えてなかった
○他に替えられる線がなく、地域住民から存続に向けて強い要望があった
ということが理由で存続されたそうです。

ここが都電王子駅、
都電荒川線 (140)_R
おっと、せっかく来たのだから、王子の街並みを少しご紹介、
都電荒川線 (31)_R
なんか古臭いと言ったら怒られちゃいますか?
都電荒川線 (34)_R
都電荒川線 (30)_R
伝統があるという事ですね、この街並
都電荒川線 (82)_R
都電荒川線 (44)_R
都電荒川線 (65)_R
都電荒川線 (51)_R

昼食は「食堂系」で。駅北口から5分の「かいらく」さん
行列が出来てました。
都電荒川線 (64)_R
「ザ・醤油ラーメン」(勝手にネーミング)は細めの麺と飽きのこないさっぱり醤油味
都電荒川線 (52)_R
都電荒川線 (55)_R
この半チャーハンの元気がいいこと
都電荒川線 (57)_R
スープをしみじみ味わいました
都電荒川線 (60)_R

店員さんの一人の若い女性が、まだ1歳くらいでしょうか、
お子さんを背負って料理を出してくれました。
私の小さい頃はそんなお店はどこにでもありましたが、
最近、見かけなくなった風景に、
思わず顔がほころんだkozohでした。
さあ、都電荒川線、歩きましょか、、