下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

日光 結構 お正月(4)

お正月なのでゆっくりと千葉を出て、日光東照宮に付いたのは2時過ぎ。
日本最古のホテル「日光金谷ホテル」を見終えるともう、夜でした。
日光 (272)_R
日光の街並みはほんの少ししか紹介出来ません。
日光 (274)_R
国指定有形文化財「日光物産商会」は明治時代後期に
日光金谷ホテルの土産物屋として開店したそうです。
日光 (286)_R
電話ボックス、これは元々はロープウェーのゴンドラ?
日光 (310)_R
「三山羊羹本舗」昭和初期建築の建物。
日光 (292)_R
日光の街並みは、和と洋が交互に姿を見せてくれます
日光 (322)_R
夜景が、よけいに美しく見える建物達
日光 (330)_R
昭和初期には煙草屋さんてこんな感じだったのでしょう
日光 (325)_R
今はもう首都圏では見れなくなりました。
残してくれてありがとうございます。

いかがだったでしょうか、東照宮・日光金谷ホテル・日光市街、
あまりにも時間が短すぎて、さらっとしすぎかもしれません。
でも、私にとって短い滞在時間だからこそ
集中して街並を見届けることができました。
結果、もっともっと見て歩きたくなりましたね、
次がまたありますから今回はこの程度でお許しください。
ご訪問下さった皆様、感謝申します。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

日光 結構 お正月(3)

東照宮から離れ、日光市内にある、「日本最古のホテル」に向かいました。
以前紹介した箱根富士屋ホテルは日本で2番目、では1番は?

「日光金谷ホテル」 ヘボン式ローマ字の発明で有名な「ヘボン博士」の勧めで
明治6年開業となりました。
日光 (185)_R
提灯が印象的なホテル、不思議です
日光 (189)_R
回転ドアでお出迎えです
日光 (193)_R
本館の2階3階部分は、明治26年に本館として作られた当時の建物

この「千と千尋」風な建物は昭和10年建築の別館
どこか夢の世界みたい
日光 (190)_R

室内も歴史を感じさせてくれました
日光 (196)_R
1番歴史ある、2階3階に誘われます
日光 (199)_R
日光ですから、東照宮を意識したモチーフがあちこちに
日光 (224)_R
日光 (232)_R

階段回りが美しい姿でお出迎え
日光 (225)_R

吹き抜けがこの建物の特徴でしょう
日光 (229)_R
レストラン
日光 (233)_R
どこも見ていて飽きませんね
日光 (253)_R
日光 (247)_R
なぜ1階より2・3階が古いのか?
それは、1階部分は後に地下として掘り出したからだそうです
日光 (238)_R

今回は見学だけでしたが、泊まってみたいものです
この先にある3階のお部屋に

日光 結構 お正月(2)

凄い史跡だとは思っていたけど
日光 (55)_R
その思いを強く感じた今回の参拝
日光 (63)_R
こんな美しい建物ばかりだったか?
日光 (80)_R
白い装飾がまばゆい限りでした
日光 (87)_R

ここから眠り猫をくぐると、更に長い階段があって、
聖なる場所に辿り着きます
日光 (108)_R
この門の先にあるもの
日光 (110)_R
東照大権現、徳川家康公のお墓、久能山から
ここに骨を移したのです
日光 (112)_R
長生きした、という意味、かな鶴がいます
日光 (116)_R
永遠なる美しさを肌で感じたのは
日光 (142)_R
現代の職人さんによる修復が本来の姿を再創造してくれたからでしょう
日光 (144)_R

日光 結構 お正月(1)

2015年1月1日、お雑煮とおせち料理を頂いた後、
電車好きの私には珍しく、車で日光に出かけました。
もちろん、初詣、東照宮にお参りするためです。

いきなり屋台の行列から始まりました。寒かったものでして。
日光 (15)_R
たぶん輪王寺でしょう
日光 (18)_R
東照宮への参拝者
日光 (20)_R
川崎大師ほど混んでなくてよかった

やってきました
日光 (24)_R
東照大権現
日光 (28)_R
世界遺産に初詣出来た嬉しさを
日光 (31)_R
家族と堪能できましたよ(寒かったけど)
日光 (33)_R
この建物の名前は?などと質問しないでください
日光 (41)_R
お正月祭りで来ているのですから
日光 (45)_R
カワイイ象さんに出会うことができました
日光 (47)_R
お、これは知っている
日光 (48)_R
「眠り猫」?じゃなくて、三猿「見ざる、言わざる、聞かざる」ですよ