下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

時のかけら 大和郡山 木造3階建建築の競演

京都駅から近鉄特急電車に乗って約1時間位
170215-164833-京都20170216 (830)_R
近鉄郡山駅は地味でした

郡山駅前商店街の看板も地味、
170215-164908-京都20170216 (834)_R

それと、看板に金魚の絵が描かれてます
年間生産8000万匹、全国シェア60%はもちろん日本一

でも、街はひたすらしみじみ系
170215-165010-京都20170216 (835)_R
まるで50年ほどタイムスリップしたかのようです
170215-165240-京都20170216 (843)_R
170215-171738-京都20170216 (958)_R
柱が美しくもあります
170215-171752-京都20170216 (962)_R

時折現れるそれはそれは姿が目立つ和建築に誘われて
露地に足を踏み入れると
170215-165640-京都20170216 (856)_R
もっと凄い、古く、そして気品に満ちた和建築に遭遇
170215-170309-京都20170216 (894)_R
170215-170016-京都20170216 (875)_R
何者か?などと考える暇もなく、
次なる、それも3階建ての木造建築に遭遇
170215-170526-京都20170216 (911)_R
170215-170616-京都20170216 (917)_R

「洞泉寺町」格子窓の木造3階建の特徴的な建築と町並が残る街
170215-170546-京都20170216 (912)_R
中でも一番有名で地域のう交流スポットにもなっていた建物が
170215-170927-京都20170216 (937)_R
補修の為に、こうして覆われていたのは残念でしたが
170215-171042-京都20170216 (941)_R
この格子の美しい姿を見れて
170215-171104-京都20170216 (945)_R
良かったなあ」と納得するkozoh55でした。
170215-171057-京都20170216 (942)_R

これもまた「色街残照」

時のかけら 五番町夕霧楼 

『五番町夕霧楼』京都の五番町に実在した『五番町遊郭』を舞台とした
男女の悲しい物語。水上勉原作で、2度映画化されています。

昭和33年の売春防止法施行により色街から住宅街へと
移ろっていました。

だいぶ前に紹介した京都の島原から歩いて行ったら
かなり遠かったです。
170215-133953-京都20170216 (641)_R
「桔梗商店街」何処にあったかも覚えてません
170215-134046-京都20170216 (647)_R
京都ではこのくらいの建物は
170215-134107-京都20170216 (649)_R
文化財とは言えないのかしら
170215-134137-京都20170216 (654)_R
上品な長屋風で、素敵です
170215-134630-京都20170216 (659)_R
「うれしなつ菓子」
170215-134657-京都20170216 (661)_R
ええ、二条城が見えたもので
170215-135158-京都20170216 (669)_R
二条城入口近くにありました
170215-135519-京都20170216 (672)_R
こんな姿の煙草屋さんは
170215-140306-京都20170216 (684)_R
地方都市からも消え去ってます
170215-140327-京都20170216 (688)_R

五番町界隈に到着

遊郭有りしころの面影か
170215-141610-京都20170216 (698)_R
170215-141705-京都20170216 (703)_R
170215-141912-京都20170216 (721)_R
170215-141923-京都20170216 (724)_R
170215-141934-京都20170216 (727)_R
これは遊郭というより、「赤線」時代の名残か
170215-142131-京都20170216 (735)_R
現役映画館
170215-142030-京都20170216 (728)_R
2階の風情に吸い込まれてしまいそう
170215-142850-京都20170216 (754)_R

時のかけら 鎌倉プレミアム③

ご存じでしょうか、「鎌倉文学館」私は今回の旅で知りました。
170204-141248-鎌倉20170204 (45)_R
多くの文人に愛された街だということでしょうけど、

この建物、実は「前田侯爵家別邸」
170204-141354-鎌倉20170204 (50)_R
現在の建物は昭和11年建築
170204-141636-鎌倉20170204 (72)_R
170204-141850-鎌倉20170204 (82)_R
170204-142257-鎌倉20170204 (105)_R

前田侯爵、その邸宅は現在も駒場に残されている。
こんな美しく豪華な建物が戦前に作られ、残されている不思議、
前田侯爵は陸軍大将として、第二次世界大戦に戦死されています。

鎌倉商人のお店はどうでしょうか
170204-150518-鎌倉20170204 (181)_R
「鎌倉長谷 萬屋本店」
170204-150911-鎌倉20170204 (184)_R
170204-150917-鎌倉20170204 (185)_R
170204-151140-鎌倉20170204 (208)_R
この建物、結婚式場なんですよ、正直kozoh55驚きましたわ

長谷寺の入口、現役の旅館、『対僊閣』
170204-152305-鎌倉20170204 (243)_R
昭和2年建築
170204-152548-鎌倉20170204 (253)_R
玄関から先の細い通路、その先を見てみたかった~
170204-152356-鎌倉20170204 (247)_R

花籠屋さん
170204-164158-鎌倉201702042 (68)_R
可愛い建物でした
170204-164315-鎌倉201702042 (72)_R

鎌倉プレミアム、時のかけら編
170204-164658-鎌倉201702042 (79)_R
最後は鎌倉らしく?しらすたこ焼きで、〆とあいなりました、
とさ、、

時のかけら 鎌倉プレミアム②

これは、お汁粉だったと
170121-134916-鎌倉20170121 (67)_R
のどかな鎌倉日和でしたから
170121-135353-鎌倉20170121 (79)_R
170121-135420-鎌倉20170121 (82)_R
店名をご案内します、行ってみたい方は、どうぞ
170121-140343-鎌倉20170121 (87)_R
この和菓子屋さんは見つけられませんね、民家の中から
170121-132506-鎌倉20170121 (58)_R
ひょうっこりひょうたんじま、で登場ですから。(古い~)
170121-213503-鎌倉20170121 (352)_R
箱だけでご満足ください

北条一族はこの地で滅亡したと聞きます
170121-140959-鎌倉20170121 (93)_R
滅ぼしたのは、ええ、新田義貞ですから
170121-141152-鎌倉20170121 (100)_R

君は「北条派」それとも「新田派」
170121-144121-鎌倉20170121 (120)_R
170121-144135-鎌倉20170121 (127)_R
知らん~興味ないし

美しい洋館は普段は非公開
170121-145234-鎌倉20170121 (147)_R
170121-145704-鎌倉20170121 (183)_R
「旧華頂宮邸」昭和4年、侯爵邸として建築
170121-145602-鎌倉20170121 (178)_R

すぐお隣が報国寺ですから
170121-150808-鎌倉20170121 (218)_R
セットでどうぞ
170121-150843-鎌倉20170121 (222)_R
いや~このお寺は威圧感が全くない
170121-152644-鎌倉20170121 (257)_R
それはとても素晴らしい事なんだと感じました~
170121-152807-鎌倉20170121 (266)_R

時のかけら 鎌倉プレミアム①

いつから鎌倉はプレミアムな街になったのでしょうか

ラーメンでも
170121-124104-鎌倉20170121 (6)_R
カウンターのみ5席ほどのお店
170121-122841-鎌倉20170121 (4)_R
飽きることのないさっぱり醤油と細麺

かと思ったら、店名からして洒落ていて
170204-133516-鎌倉20170204 (24)_R
塩ラーメンは
170204-135548-鎌倉20170204 (29)_R
シンプルな具たちに惚れてしまいました
170204-135558-鎌倉20170204 (33)_R
これまた飽きることのない塩のスープ

果てしない時の流れを
170121-125351-鎌倉20170121 (26)_R
静かに過ごしてきた寺社
170121-125403-鎌倉20170121 (27)_R

鎌倉の時のかけらは
170121-131521-鎌倉20170121 (47)_R
170121-131535-鎌倉20170121 (50)_R

プレミアムなひととき
170204-171830-鎌倉201702042 (150)_R
170204-171851-鎌倉201702042 (154)_R

何処ですか?なんて聞かないでください
いえ、覚えてないわけじゃないんですけど