下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

銭湯の詩 ~西新井周辺⑤~

とおりすがりに、役割を終えた銭湯に出会ったと思いきや、
足立区銭湯 (337)_R
戦艦のような威容を誇る姿に
足立区銭湯 (352)_R
圧倒されてしまう私
足立区銭湯 (357)_R
足立区銭湯 (359)_R
「いこい湯」さん
足立区銭湯 (365)_R

夕暮れ時が何故だか似合っていたこの銭湯
足立区銭湯 (383)_R
開店前の20分前から、行列が出来ていたとは、
足立区銭湯 (385)_R
いまは思えません、「おきもと湯」さん。

夕暮れ時はさみしそう
足立区銭湯 (424)_R
でも、銭湯は嬉しそう
足立区銭湯 (427)_R
「松の湯」さんて、どこにあったのかしら、テレビ?
足立区銭湯 (439)_R
ねえ?君っ?
足立区銭湯 (440)_R
そうか、やっぱり銭湯は夜撮るに限るんですね。「堀田湯」さん
足立区銭湯 (453)_R
足立区銭湯 (457)_R
支店を出すなんて、凄いことです
足立区銭湯 (479)_R
「第二堀田湯」さん登場、やっぱり兄弟?いえ、姉妹?ですね。

いかがだったでしょうか、足立区西新井界隈銭湯、、、kozohのとことん歩き、
うーん、確かに歩きましたね、千住銭湯歩きと一緒でしょう。

残念ながら、あるはずがそこには戸建て住宅が5棟も建てられている
「銭湯跡」も今回目にしました。あの戦艦のような広さの土地は、
半端でない価値があるのでしょう。銭湯は難しい時代なのかもしれませんが、
生き生きとした姿を見ることも出来ました、嬉しい。
どの銭湯をぶらりしましょうか。
ご訪問下さった皆さん、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてくださいね。

kozoh55

銭湯の詩 ~西新井周辺④~

東武線西新井、そして五反野から歩きに歩いて、
足立区銭湯 (306)_R
舎人ライナー線の「「高野(こうの)」駅を、更に通り抜け、
足立区銭湯 (309)_R
お目見えした「江北湯」
足立区銭湯 (316)_R
はあっ、ここは
足立区銭湯 (317)_R
足立区銭湯 (365)_R
千住の「大黒湯」や「たから湯」と競い合ってほしいわけじゃないですが、
足立区銭湯 (319)_R
足立区銭湯 (320)_R
ついつい思い出してしまい
足立区銭湯 (323)_R
どうだったかなあと、建物全体を見入ってしまったkozoh55です。
足立区銭湯 (326)_R
足立区銭湯 (331)_R

銭湯の詩 ~西新井周辺③~

ただひたすら銭湯を巡ります。
「明美湯」さん。名の由来は?知らなくてごめんなさい。
素敵なので由来を知りたいな。
足立区銭湯 (182)_R
ネットで調べても、どなたもご存じないみたいです。
足立区銭湯 (191)_R
煙突の先が細くなっているのは、東日本大震災の時、
先端が落ちてきたそうで、無事営業で来て、よかったですね。
足立区銭湯 (185)_R

「足立湯」さん。
足立区銭湯 (203)_R
足立区銭湯 (207)_R

「竹の湯」さん、営業開始時間の30分前なのに、
おじいちゃんは待ってました。
足立区銭湯 (212)_R
銭湯はお年寄りが首を長くして待つ「やすらぎ」の場なんでしょう。
足立区銭湯 (237)_R
はいはい、あなたにとっても憩いなんですね、銭湯は。
足立区銭湯 (227)_R
足立区銭湯 (235)_R
わかりましたよ。

「大六天湯」さん。ビル系の銭湯が営業前だとちょっと寂しげ。
足立区銭湯 (257)_R
「星谷浴泉」さん
足立区銭湯 (289)_R
入り口正面のタイル張りが、いいですねえ、ここ
足立区銭湯 (281)_R
煙突がこんなに低いところから見えて、素敵
足立区銭湯 (285)_R

淡々と続いていいですか?

銭湯の詩 ~西新井周辺②~

ちなみに、「東京銭湯ぶらり湯めぐりマップ」はこれです。
KOZ_9445_R.jpg
四ツ木にある銭湯の煙突をしみじみ見つめていたら、
その銭湯のそばに住んでいる方が、「いいものあげる」と言って、
くれたものです。

銭湯の旅は東武伊勢崎線「五反野」駅周辺からスタート。
足立区銭湯 (59)_R
「常磐湯」さん、なぜ銭湯に「常磐湯」が多いのか、
それはわかりません。
足立区銭湯 (60)_R
銭湯が多い街は、下町の中の下町、かな。
足立区銭湯 (76)_R
足立区銭湯 (83)_R
歩いて5分もしないで、次の銭湯に出会う。「秀月の湯」さん
足立区銭湯 (85)_R
今から30年前位に、銭湯はビル化されたのかもしれません。
足立区銭湯 (103)_R

と感じたと思ったら、戦後間もなくか戦前の風情漂う、「唐破風作り」
足立区銭湯 (113)_R
大名屋敷ではないのです。
足立区銭湯 (114)_R
堂々たる「あけぼの湯」さん
足立区銭湯 (119)_R
下町色がどんどん濃くなっていき
足立区銭湯 (138)_R
この通りなんて、どういったらいいか、凄まじいの一言
足立区銭湯 (141)_R
商品の売り方が違います
足立区銭湯 (148)_R
蔵は商店に面してしっかりと存在し、もう100年近く経っているのじゃないかと
足立区銭湯 (154)_R
そして清潔感いっぱいの「春の湯」さん
足立区銭湯 (173)_R

少しづつ、江北の方に、西へと進んでます。

銭湯の詩 ~西新井周辺①~

上野の「燕湯」さんを目の当たりにして、「そうだ、銭湯に行こう」
っていうノリで、偶然四ツ木の銭湯で頂いた「東京銭湯湯めぐりマップ」片手に
12カ所あるという東武伊勢崎線「西新井駅」に来たkozoh55,
足立区銭湯 (29)_R

いつも通り最初は現地のラーメン食べなきゃと、
ラーメンアプリで人気高い「西新井ラーメン」を
駅周辺で探せど探せど見つからず。

足立区銭湯 (31)_R
なんとそのお店は西新井駅の中、それもホームにあったのです。

「立ち食いラーメンが人気?」
足立区銭湯 (33)_R
へーと思いながら食券を買おうとすると、「ラーメン450円」
足立区銭湯 (34)_R
「開業以来45年?国産鳥と豚?」

これがラーメン大盛り550円。
足立区銭湯 (36)_R
なつかし系のビジュアル
足立区銭湯 (37)_R
お客さんはひっきりなしに出入りして「ラーメン450円」をオーダー。
足立区銭湯 (39)_R

女性二人でずっと営業しているお店だそうです。
足立区銭湯 (35)_R
私も、他のお客様も黙々と食べていました。
足立区銭湯 (45)_R
そうだ、ラーメンって、本来こんな感じで
気軽に食べるものだったね、、、、

具はひとつひとつしっかり味が乗っていて
麺は少し私的には柔らか目、お腹に優しいスープに
みんな、やみつきになってしまうんでしょうね。
お二人のおばちゃま、ありがとう、ごちそうさま。

さあ、道草は終えて足立西新井銭湯ぶらり旅出発進行。