下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

立石 ナイトパラダイス

お晩です。先日初めて行った「夜の立石」。
ちょっと紹介します。私の中の宝物です。
立石ナイト (11)_R
立石仲見世。
立石ナイト (15)_R
立石ナイト (13)_R
立石ナイト (14)_R
立石ナイト (22)_R
呑んべ横丁
立石ナイト (47)_R
立石ナイト (55)_R
立石ナイト (58)_R
この横丁は、当初は飲み屋街ではなかった。
その名残の看板。
立石ナイト (54)_R
江戸っ子は、呑んべ横丁と言えるのかなあ
立石ナイト (63)_R
立石ナイト (81)_R
立石ナイト (79)_R
待ってでも、今日はこのお店で夕食!
立石ナイト (90)_R
立石ナイト (2)_R
立石ナイト (7)_R
立石ナイト (40)_R
餃子の店 蘭州で食べた水餃子は、いつもその場で作るから
美味しいに決まっています、持ち帰りが難しいくらいですから。
烏龍茶玉子は、、不思議な味でした。
次はどこに行きましょうか、選ぶだけで悩んでしまいます。

立石 第三の顔は

立石の風景。
CIMG1221_R.jpg
静かな商店街
CIMG1228_R.jpg
もう一つの飲み屋街
CIMG1225_R.jpg
どこか、古い作りが残る家屋
CIMG1229_R.jpg
CIMG1226_R.jpg
黒と白
CIMG1222_R.jpg
立石_R
最後に、私とtako氏の胃袋に安らぎを与えてくれたお店、「支那そば やねや」
まるでこの街の普段着な姿をそのままラーメンにしたような、優しいスープには、
改めてこの街に出会ったことへの感謝の気持ちが芽生えたのです。
(ちょっと素人っぽいご主人が、また良かったのです)
立石?_R

最近行ったわけでもない立石をなぜ紹介したくなったか。
やはり「呑んべ横丁」が夜はどんな輝きを見せて、
街の常連さんや旅の人達を楽しませてくれているかを、ネットや口コミなどで
少しずつ知ってきたからです。
この記事は、もう一つの、もしかしたら、「本当の素顔」を見るまで
終わらない、終われませんね。
きっかけを作ってくださったブログ友達のみなさんに、
まずは感謝です。


立石 呑んべ横丁

こんな入り口で
CIMG1202_R.jpg
中はこんな感じ、
CIMG1217_R.jpg
CIMG1214_R.jpg
CIMG1204_R.jpg
更に、こんなです
CIMG1209_R.jpg
CIMG1219_R.jpg
この窓の向こうには何があるのかしら
CIMG1213_R.jpg
この街は、昭和28年に「立石デパート」という名前でスタートしたそうです。
当時は、飲み屋街ではなかったのかもしれない。
何軒のお店が現役なんでしょうか?

立石 区役所とヨーカ堂2号店と横丁

去年訪れて、へえ、と感じて、今年になってブログに少しだけ紹介した街、立石。
京成立石駅のこの商店街の向こうには、「葛飾区役所」があります。
CIMG0146_R.jpg
確か、駅に隣接してイトーヨーカ堂の古い店もあります。(2号店らしい)
そして、浅草から名前を頂いたのか、「立石仲見世商店街」も、、、
CIMG1192_R.jpg
日曜日だから、シャッターが下りている店が多い
CIMG1200_R.jpg
甲〇屋老舗、創業明治十数年、なんだろう、リサイクルショップかなあ。
二階の窓が歴史を感じさせてくれる。住まいかな?倉庫かな?
CIMG1196_R.jpg
立石名物「手焼き奥戸せんべい」そうだったんですね
CIMG1194_R.jpg
共同トイレ、その手前に置かれていた「何か」屋台?警備スタッフ待機所、それとも
誰かさんの隠れ家、立石在住の訪問者の方、お教えください。
CIMG1201_R.jpg
これはオマケ、立石ではなく亀有で見かけた古いミニ商店街、、感じませんか?
CIMG2681_R.jpg

葛飾区役所所在の街 立石

去年、友人と一緒に訪れた街。京成の立石駅を降りると、すぐに、比較的どこにでもあるようなアーケードの商店街があり、全国展開の普通のチェーン店が出店しているのを見て「ここは普通の街か」と思ったけど、そのあとほんのすこし駅から歩くと、見えてきた歴史のある商店街
CIMG1199_R.jpg

CIMG1198_R_R.jpg
ネットでは戦後に闇市が出来たりして拡大していったとのこと。CIMG1217_R_R.jpg
CIMG1205_R_R.jpg
でも、そのあとで歩いていて見つけた飲み屋街は、ちょっと恐ろしくもありました。ある時に、歓楽街としての輝きがあったのだろうなあと、ついつい思いを馳せてしまう。下町ツアーでは、こんな不思議な空間によく出会うものです。