下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

豪徳寺 門前町の今が旬(4)

ここから豪徳寺は始まります、松林の参道、
豪徳寺 (542)_R
こんな美しい門があるのでした。
豪徳寺 (551)_R
三重塔が、わたしを迎えてくれました。
豪徳寺 (561)_R
この先に、井伊家2代目藩主の井伊直孝と、そして直弼のお墓があります。
豪徳寺 (554)_R
「井伊直弼の墓」
豪徳寺 (670)_R

それにしても、素晴らしき風景かな。
豪徳寺 (596)_R
豪徳寺 (587)_R
豪徳寺 (628)_R


ああ、そうでした、豪徳寺の「招き猫」探さなくちゃ。
「猫招殿」はそこにありました。
豪徳寺 (638)_R

招き猫、招き猫、招き猫、、
豪徳寺 (642)_R
豪徳寺 (648)_R
ご利益あるでしょう、間違いなく、、、
豪徳寺 (643)_R
どや?どうや?願い事は叶えられたのか、
豪徳寺 (664)_R
豪徳寺 (662)_R

そして豪徳寺の街並みにはいっぱいオリジナル猫ちゃん達が
いっぱいいたのです。
豪徳寺 (686)_R
豪徳寺 (690)_R
豪徳寺 (692)_R

いかがだったでしょうか、豪徳寺の門前町、
世田谷八幡宮、そして、豪徳寺、
猫好きにはたまらないのかもしれません。

豪徳寺の招き猫を買った私は、
嬉しくも、なにかついている、、持っている男に、
自分自身がなりたいという気持ちが、
少し前に出てきてしまってます。
改めて、ありがたいものですね。
ご訪問下さったみなさま、本当にありがとうござます。
またぜひ遊びにいらしてください。
kozoh55






豪徳寺 門前町の今が旬(3)

世田谷は江戸時代はもちろん、明治時代も、江戸や東京ではなかった。
そう、田舎だったのです、村だったのです。

その世田谷が東京に組み込まれたのは関東大震災の後、
ここには人々が信じた二つの聖地があります。

「世田谷八幡宮」
豪徳寺 (508)_R
平安時代に、あの「八幡太郎源義家」が訪れたという古社は、
豪徳寺 (441)_R
この世田谷の民の信仰をいまも丁寧に受け止めていることが、
豪徳寺 (446)_R
感じられたのは
豪徳寺 (448)_R
この聖なる土俵に出会うことが出来たからです。
豪徳寺 (466)_R
豪徳寺 (477)_R
力士たちの戦いで擦り切れるまでになっているのは、
豪徳寺 (473)_R
どんな思い入れがあったのか、はるか昔を想像してしまいます。

さあ、世田谷八幡宮のライバル「豪徳寺」に行きましょう。

豪徳寺 門前町の今が旬(2)

もちろん、小田急線「豪徳寺駅」を下りると、招き猫ちゃんがお出迎え
豪徳寺 (317)_R
ここから、10分位歩くと、豪徳寺の森が見えて来るのですが、
豪徳寺 (360)_R
ごくごくお洒落なお店が並んでいるようでいて、世田谷風で、
豪徳寺 (363)_R

いえ、こここそが門前町として大いに繁盛したのですね。
豪徳寺 (366)_R
豪徳寺 (368)_R
豪徳寺 (371)_R
なんかお肉屋さんが多い
豪徳寺 (372)_R
メンチカツ、売ってなかったです、グスン。
豪徳寺 (374)_R
薬局も渋い姿でいらっしゃいました
豪徳寺 (378)_R
この中華屋さんの存在を教えて下さったのは、ブログのお友達、
「watermind」さん。ありがとうございます。
豪徳寺 (423)_R
kozoh55は「美味しいもの小僧」でもありまして、
豪徳寺 (419)_R

見つけたのです、「やきいも専門店」なるものを、、、、「ふじ」さん。
焼きいも専門店って、首都圏で、あったかなあ、他にも、、
大学芋専門店は板橋、浅草、柴又などたくさんありますが、
豪徳寺 (380)_R
これですから、これ、焼きいも
豪徳寺 (392)_R
もう、さつまいもの「どまんなか」のここは、
甘いって、甘いって、口の中で溶けるようで
豪徳寺 (397)_R
「紅はるか」という品種がいかに美味しいのかを知って、
豪徳寺 (406)_R
この機械でこつこつと紅はるかを焼いている、
ご主人の姿を見てはいないのに、
豪徳寺 (409)_R
信頼しきってソフトクリームまで食べてみたら
これまたとんでもなくお芋主義な味を、しみじみしみじみ
頂いたのです。

門前町においもはよく似合いそうです。
豪徳寺 (402)_R
豪徳寺 (398)_R

さあ、世田谷八幡様、豪徳寺へ

豪徳寺 門前町の今が旬(1)

世田谷の「豪徳寺」は二つの点で有名です。
ひとつは、安政の大獄で有名な大老「井伊直弼」のお墓があること、
そして、もうひとつ、、、そう
豪徳寺 (1)_R
化け猫~じゃなくて

この角度だと可愛い?
豪徳寺 (9)_R
そう、そうです
豪徳寺 (17)_R
「豪徳寺」は招き猫発祥の地と言われているのです
豪徳寺 (13)_R
はい、この子は私が千円札をいくつか出して手に入れた
豪徳寺 (15)_R
正真正銘「豪徳寺の招き猫」なんですよ。
かわいいなあ、この子

後ろ姿も素敵?でしょう
豪徳寺 (21)_R
そら、この角度でどうでしょう
豪徳寺 (24)_R
おっと、これは失礼、我が家の「にゃおじろう」でした。
豪徳寺 (25)_R

というわけで今回は豪徳寺駅前のお店と豪徳寺にせまってみました。