下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

江戸の南の下町情緒 六郷・雑色(4)

京急雑色駅を中心に四方八方に商店街が広がる。
水門通り商店街へ。
雑色2 (133)_R
入ってみたいなこんな路地、
入ってみたいな「みよちゃん」
入ってみたいな「大人の駄菓子屋」
雑色2 (1)_R
今日も明日も合戦中
雑色2 (136)_R
ほらあ、しみじみとしてきた、建物もね
雑色2 (141)_R
水門通り商店街の先にあるもの
雑色2 (138)_R
雑色2 (140)_R

「六郷水門」は昭和6年竣工。
雑色2 (199)_R
雑色2 (183)_R
雑色2 (177)_R

「雑色」という言葉の由来は律令制の時代の下級役人から
来ているらしい。
いかがだったでしょうか、「六郷・雑色」
旧東海道沿いというのは、とにもかくにも歴史と風情が一杯の
場所ばかりです。
国道駅周辺、鶴見市場、生麦、、、、そして六郷水門、
江戸の南の下町チャンプ、それがここですね。

ご訪問下さった皆さん、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

江戸の南の下町情緒 六郷・雑色(3)

六郷土手から蒲田に向かい「雑色」へ
雑色2 (86)_R
不思議な姿の建物が待っていた
雑色2 (94)_R
雑色2 (95)_R
今も蔵で営業するお店
雑色2 (92)_R
商店街がどこにもここにも
雑色2 (106)_R
そこにいたお店達
雑色2 (109)_R
雑色2 (111)_R
雑色2 (113)_R
小学校の頃、地元のおもちゃ屋に入るのが楽しみで、楽しみで
雑色2 (125)_R
「雑色ジャンジャンセール商店街」は正式名称かな。

江戸の南の下町情緒 六郷・雑色(2)

六郷神社には、いにしえの遺産がたーくさん

「浄水石」
雑色2 (81)_R
源頼朝が奥州征定の際に寄進したと言われている
雑色2 (82)_R
「神橋」
この石橋もまた古く、頼朝の中心の中の中心であった梶原景時の寄進と
言われている
雑色2 (56)_R
雑色2 (59)_R
極めつけが「狛犬」
雑色2 (71)_R
どこかガイコツようでもあり
雑色2 (70)_R
ユーモラスにも見えたりする
雑色2 (67)_R
はっきり言えるのは、
①「初めて見るタイプの狛犬」だということ
②大田区最古の狛犬、貞享2年(1685年)の作
③大田区指定文化財
だということ、この表情を忘れることはないだろう

誰か?何かに似ているようでしたら、教えてくださると嬉しいです。

江戸の南の下町情緒 六郷・雑色(1)

以前も紹介したことがある「雑色」。
江戸の東の下町情緒が先日紹介した、「向島、京島、玉ノ井、八広」
であるとしたら、西は六郷・雑色が筆頭に上がりますね。

去年の秋、京浜急行「六郷土手」駅から歩き始めました。
雑色2 (15)_R
「六郷」という地名の由来は、この地区にあった六つの村を総称して
「六郷」と呼んだという言い伝えがあるようです。

いきなり温泉が湧く街ですから
雑色2 (18)_R
雑色2 (21)_R
床屋さんの看板だって、こんな粋なものは、見たことがない。
雑色2 (29)_R

旧東海道線、現在の国道15号線に立つ社。
雑色2 (31)_R
その先にあるもの、それこそが
雑色2 (37)_R
「六郷神社」平安時代末期創建とされ、
雑色2 (61)_R
本殿は享保4年(1719年)
雑色2 (46)_R
昭和62年に建て替えられた社殿は、一言、美しかった
雑色2 (45)_R

六郷神社、続きます。

ちなみに、六郷の六つの村の中の一つが「雑色村」。

江戸の南の下町風情 穴守稲荷神社

糀谷周辺を離れると、また日ノ出商店街のように「駅のない」商店街が、
「観音堂商店街」

観音堂は、確かにありました、これです。
雑色・糀谷 (501)_R
商店街には、八百屋さんと
雑色・糀谷 (519)_R
「観音湯」さんがあるだけのように見えましたが
雑色・糀谷 (515)_R
考えてみれば、凄い揃っている商店街ですよ。

あと、猫ちゃんがいれば完璧!と思ったのですが、
出逢えたのは、「大鳥居」駅近くで、ちょいと牛のような仕草でしたが、
雑色・糀谷 (537)_R
路地に入ると、「猫らしさ」満点でした。猫はこうこなくちゃ。
雑色・糀谷 (555)_R

さあ、穴守稲荷神社近くまできました。
雑色・糀谷 (571)_R
突然、駅目に上品な和菓子屋さんを発見「磯崎家」さん
雑色・糀谷 (570)_R
店内に入ると冷えた豆茶をいきなり頂き、まずそこで感激。
雑色・糀谷 (558)_R
この田舎まんじゅうのような和菓子が美味しそうで
雑色・糀谷 (563)_R
その場で食べたら、あずきが最高に美味しい事
上品すぎて薄甘いのではなく、しっかりと甘いのが私にはピッタリ

おみやげで買いました「水ようかん」も
DSC_3434 - コピー_R
これは、涼しい上品さでしたね。

「穴守稲荷神社」
雑色・糀谷 (607)_R
このあたりは埋め立ての地、新田開発成就を祈って江戸時代に創建され
雑色・糀谷 (608)_R
明治時代には、潮干狩りも出来、温泉も湧いたことから、
周辺は大変な繁栄だったようです。
雑色・糀谷 (613)_R
ほんと、お稲荷さんです。
雑色・糀谷 (619)_R
本殿の裏手・右手には、たくさんの祠があって
雑色・糀谷 (626)_R
雑色・糀谷 (630)_R
雑色・糀谷 (634)_R
富士講ならぬ「羽田講」なるものまであったのですね。
雑色・糀谷 (633)_R

また小っちゃいにゃんこがいて、私とyokotako氏の今日の旅の最後を
雑色・糀谷 (602)_R
見届けてくれたのです。

いかがだったでしょうか、蒲田駅から雑色、糀谷、そして穴守神社へと続く、
京急羽田線周辺の姿は、、、
北の入谷や三ノ輪などとも決して劣らない、下町ぶりでした、
この大田区の街並みは。

下町には茹でたてトウキビが売ってます。
下町には温泉があったりします。
下町は駅のない商店街の宝庫です。

大田区はまだまだ深いです。
ご訪問下さった皆様、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてくださいね。
kozoh55