下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

ひっそり咲いて 市川中山団地②

市川中山団地
180626-160217-戸山ハイツ20180622 (354)_R
ごくありふれた団地かもしれない
180626-160347-戸山ハイツ20180622 (358)_R
お城のような石垣

ちょっぴり寂し気な遊具
180626-160357-戸山ハイツ20180622 (360)_R
そして給水塔
180626-160544-戸山ハイツ20180622 (367)_R
決して太くないこの塔の中には、たぶん今も水が湛えられ
180626-160537-戸山ハイツ20180622 (364)_R
水道の圧力を保つために、様々な所で作られたもの
180626-160648-戸山ハイツ20180622 (372)_R

戸山ハイツの商店街は今もほとんどが現役で
商店街の姿が保たれていたが、

市川中山団地の商店街は、半分無くなりつつある
180626-160939-戸山ハイツ20180622 (386)_R
180626-160948-戸山ハイツ20180622 (388)_R
通り自体が今は寂しいけど、
180626-161037-戸山ハイツ20180622 (392)_R
180626-161111-戸山ハイツ20180622 (397)_R
50年前は自転車で通り抜けることすら、出来なかったはず
繁盛し尽くしていたはず

けれど、現役のお店もいくつかあって
180626-161303-戸山ハイツ20180622 (407)_R
ほっとしたkozoh55
180626-161351-戸山ハイツ20180622 (414)_R

帰り道、果物が成っているのに気が付く
180626-162003-戸山ハイツ20180622 (420)_R
そう、ビニールハウスがいくつも連なる現役の農家
180626-162039-戸山ハイツ20180622 (426)_R
80歳にもなろうかというお爺ちゃんが、畑を見ていた
180626-162141-戸山ハイツ20180622 (427)_R
その向かいにあるのが、最近作られたと思われる老人ホーム
180626-162152-戸山ハイツ20180622 (430)_R

どこもかしこも、私の住む市川の姿であり、
首都圏の団地の標準的な姿が、そこにはあった

ひっそり咲いて 市川中山団地①

私の今の職場がある松戸市には、URの経営する団地が数多く存在、
常磐平、牧の原、小金原、高塚、全て団地の街。

実は我が市川市にも団地があります。

JR本八幡駅から自転車で北に10分ほど走ると、見えてきます。

まずは松の木、、、いきなり歴木登場
180626-152430-戸山ハイツ20180622 (261)_R
そして大柏川、今は大人しいものの、明治・大正・昭和と洪水被害が頻発した低地
180626-152748-戸山ハイツ20180622 (263)_R
180626-152856-戸山ハイツ20180622 (267)_R

そこにぽつりと見えてくる『お屋敷』
180626-153359-戸山ハイツ20180622 (271)_R
お寺じゃありません、個人宅ですから
180626-153328-戸山ハイツ20180622 (268)_R
窓に映し出されるステンドグラス
180626-153432-戸山ハイツ20180622 (272)_R

実は市川市の北部の『菅野』というこの辺りも含まれる地域は、
明治時代から続くお屋敷街、大企業の社長さんが沢山住んでいるのです。

そして、見えてきたもの
180626-155808-戸山ハイツ20180622 (333)_R
ああ、こんなところに給水塔があるなんて
180626-155814-戸山ハイツ20180622 (335)_R
最初、不思議な気持ちになったkozoh55

180626-160200-戸山ハイツ20180622 (352)_R
その名も『市川中山団地』
実は最近その存在を知りました。
(続く)

戸山ハイツ 公園・教会・築山 時には団地のように③

戸山ハイツ、その成り立ち、江戸時代は尾張藩の下屋敷。
180622-140826-戸山ハイツ20180622 (179)_R
180622-140939-戸山ハイツ20180622 (180)_R
3代将軍徳川家光の時代に、御三家尾張藩の下屋敷として『戸山荘』と呼ばれた庭園がここにあった。
現在も存在する小石川庭園に匹敵するような美しい庭園だった。

見た途端に気が付く、築山、それこそが下屋敷・庭園の名残
180622-141057-戸山ハイツ20180622 (184)_R
その名も『箱根山』、誰かその名を付けたのかは、誰も知らない
180622-141318-戸山ハイツ20180622 (186)_R

幕末に放置され、遺構となっていたこの地が復活を遂げる、『陸軍戸山学校』として。
180622-141424-戸山ハイツ20180622 (191)_R
そう、その学校はこの辺りにあったのだ

今は、尾張家下屋敷としての遺構は、無くなって、こんな少しの案内看板があるだけとなっていえる。
180622-141558-戸山ハイツ20180622 (197)_R

それはそれで、いいのだろう

戸山ハイツ 公園・教会・築山 時には団地のように②

戦後の住宅難を受けて作られた戸山ハイツは、
戦後の団地の原点と呼ばれる存在。
現在の姿は1980年代に鉄筋コンクリート建築として
作り直されたもの。

180622-131910-戸山ハイツ20180622 (86)_R
180622-131831-戸山ハイツ20180622 (82)_R
この手の団地商店街が現役のお店が多いというのは、凄い事
180622-131912-戸山ハイツ20180622 (88)_R
180622-132255-戸山ハイツ20180622 (96)_R

規模の大きな団地、マンションな風
180622-133308-戸山ハイツ20180622 (102)_R
それが『戸山ハイツ』
その施設内にはすべてが揃う、いや全て以上が揃う
180622-133403-戸山ハイツ20180622 (106)_R
たぶん、一番大きなスペースを占める『戸山公園』
180622-133617-戸山ハイツ20180622 (112)_R
180622-133702-戸山ハイツ20180622 (116)_R
小学校もある
180622-133822-戸山ハイツ20180622 (121)_R

教会まである
180622-134518-戸山ハイツ20180622 (145)_R
なんて素敵なんだろう
180622-134627-戸山ハイツ20180622 (147)_R
180622-134632-戸山ハイツ20180622 (150)_R

教会の裏側、まるで要塞、もしくは戦争遺構のように見えるのは
180622-134732-戸山ハイツ20180622 (152)_R
私だけなのだろうか
180622-134738-戸山ハイツ20180622 (154)_R
180622-134837-戸山ハイツ20180622 (156)_R

団地三都物語 鶴川団地(4)

鶴川団地センター名店街は、食べ物屋さんもいっぱい

おそばやさん、「元祖ラーメン」とはいったい?
鶴川 (234)_R
佐藤商店はお肉屋さん
鶴川 (248)_R
地味でしたー外見は
鶴川 (249)_R
私がメンチカツを見ていたら、若い2代目ご主人かなあ
一言「このあたりで一番うまいメンチなんすよ」
鶴川 (238)_R
はい、負けました、購入「実食!」
鶴川 (242)_R
うーん、揚げたてではありませんが、メンチカツの美味しさとして
お肉がいいものを使っていると、
鶴川 (247)_R
冷めていても味が沁み出てくるのです、
そんな美味しさでしたよ。

メンチの後はスイーツね
鶴川 (224)_R
ケーキ屋さん「お入んなさい」とは言ってくれませんでしたけど
鶴川 (226)_R
手作りのこのシュークリーム、嬉しかったな
鶴川 (230)_R
小さい頃はシュークリームとエクレアが御馳走で、御馳走で

帰り際には、この団地と商店街に声をかけたのです
鶴川 (254)_R
「ごちそうさま、ありがとう」って、、、

いかがだったでしょうか、団地三都物語の三話目です。
小田急線鶴川駅を降りてちょっと歩くと、あの美味しいラーメンに出会え、
まだ紹介してませんが、「白洲次郎」の自宅が記念館になって
公開されていて、そちらにも行き、
そしてこの団地とその周辺は「美味し、楽し」でした~
また行きたいものです、鶴川団地、おススメですね。
ご訪問下さった皆さん、感謝申し上げます。
メンチ姫の「ぐり」さんは読んでくださったでしょうか。
kozoh55