下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

池上本門寺界隈 日蓮荼毘の地

池上本門寺は、戦災により本堂など貴重な歴史遺産が、
ほとんど焼かれ、戦後再建されている。
その中で奇跡てきに残った「総門」は元禄時代のもの。
池上本門寺 (80)_R
そう、このお寺でもあの書家の作品が、
池上本門寺 (5)_R
本阿弥光悦書。こんな所でも本門寺・法華経寺は、
兄弟なのかなあと感じてしまう。
池上本門寺 (37)_R
この場所が忘れなれなくなる人が多いのではないか、
「此経難持坂」(シキョウナンジザカ)
池上本門寺 (87)_R
あの加藤清正公の築造寄進によるもの。
池上本門寺 (89)_R
再建された「仁王門」
池上本門寺 (114)_R
「大堂」
池上本門寺 (147)_R
五重塔ももちろん必須なんでしょうね。
池上本門寺 (158)_R
これも古の建築、慶長13年(1607年)つまり江戸幕府前のもの。

一番古株か?
池上本門寺 (141)_R
天明4年建築「経蔵」、なんとも入り口周辺が美しいな。
池上本門寺 (140)_R
たくさんの銅像に出会えます。
日蓮上人、「ごめんなさい!」って謝ってしまいそう。
池上本門寺 (13)_R
私?小僧?GOGO
池上本門寺 (150)_R
「従軍看護婦慰霊像」
池上本門寺 (110)_R
力道山さんはリアル迫力に満ちてました。
池上本門寺 (170)_R

そして少し離れたお墓の中に現れた姿。
池上本門寺 (186)_R
日蓮はこの場所で荼毘にされたのです。
池上本門寺 (193)_R

池上本門寺 (146)_R

いかがだったでしょうか、池上本門寺。
本当は法華経寺と一緒の記事が良かったのかも
しれないなあと感じたのです。
焼けずに残っていたら、今回の本門寺と以前紹介した増上寺は、
どれほどのスケールだったか、想像しただけでわくわくする、
そんな気がします。

ご訪問下さった皆さん、ありがとうございます
また、ぜひ遊びにいらしてください。

明日より5日ほど、「ただただ北海道」にて外出いたします。
頂いたコメントは少し時間がかかっても、必ずご返信いたします。

kozoh55

池上本門寺界隈 

2年前にこの地に足を運び、どうしてか記事に出来なくて、
今回、中山法華経寺とセットで見に行って、
今日、やっと記事が書けます。

身延山を出て、病気治癒に常陸に向かう途中、日蓮は61歳の生涯を
この地で終えたそうです。弘安5年(1282年)の、約700年前の出来事。
「日蓮宗大本山本門寺」参道は普通でした。
池上本門寺 (249)_R
おせんべい屋さん。
池上本門寺 (259)_R
味自慢がたくさん売られてました。
池上本門寺 (258)_R
ふと見つけた、写真?
池上本門寺 (252)_R
これは絵だそうです。江戸時代に来日したロシア人が
本門寺を絵に描いて、その絵がロシアで展示してあるのを
見つけた人が、「このお寺の絵があったよ」と教えてくれたそうです。
安政時代の姿がそこにありました。

今の通りもレトロです。
池上本門寺 (225)_R
池上本門寺 (227)_R
池上本門寺 (248)_R
何か有名なんですって、このお店。「自由雲」さん。
池上本門寺 (263)_R

もう目の前が池上本門寺、という場所に、
気の遠くなるほど以前からあったような酒屋さんを
発見した嬉しさ。
池上本門寺 (210)_R
建物がどれほど美しいのか、「萬屋酒店」
池上本門寺 (213)_R
普通、この井戸には惚れますよね。
池上本門寺 (218)_R
私「ごめんください」
お店の女性「いらっしゃい」
私「このお店、歴史ありますねえ、いつ建てられたのですか」
お店の女性「ああ、建物は明治7年、そう、古いですね」
池上本門寺 (53)_R
何か買おうと思って冷蔵庫を探ると、このペットボトル。
このパッケージを見ると、嬉しくなりませんか?
池上本門寺 (51)_R