下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

二子玉川 風光明媚な別荘街は何処(5)

岩崎家の美術館裏口の坂を下ると、公園が見えてきます。
二子玉川 (393)_R
「岡本公園民家園」江戸時代後期の農家を移築したものです。
二子玉川 (395)_R
まさに、農家が再現されています。
二子玉川 (401)_R
当時の農機具もずらり
二子玉川 (451)_R
トイレは「陶器」
二子玉川 (414)_R
室内、木の黒い姿は全体にシックで、落ち着きが感じられます。
二子玉川 (457)_R
竈(かまど)これは再現品?当時の物、かも知れません。
二子玉川 (475)_R
「かまどを持つ」ってこういうことですか?

日差しがタップリと差し込み贅沢な造り
二子玉川 (480)_R
天井など、ありません。
二子玉川 (477)_R
和建築が夏には本当に涼しいことを、
二子玉川 (496)_R
栃木に行った時に、体験したことを思い出しました。
風が通り抜けるのです。
二子玉川 (473)_R
当時の足の主役はこれでしたね~
二子玉川 (494)_R

最後にこの岡本公園民家で見つけた「岡本隧道(おかもとずいどう)」
二子玉川 (436)_R
多摩川の水をこの地に引き、
二子玉川 (434)_R
そしてここから、あの
二子玉川 (439)_R
「駒沢給水所」へとポンプで水を送り
三軒茶屋駒沢 (162)_R
渋谷まで上水を提供して来たのです。
三軒茶屋駒沢 (193)_R
最後の2枚は、以前、駒澤給水所の紹介でご案内しました。
いつ見ても美しいですね。

いかがだったでしょうか、二子玉川。
行く前は、若者に人気の街、お洒落な街、そんなイメージでしたが
由緒正しき商店街もあり、さらに歴史建築物たちとの出会い、
見ているだけで楽しい気持ちになる、美しいものばかりでした。
そして駒沢給水塔に繋がっていく、不思議さ。
大山道はすべてを一本につなげてしまうのですね。

ご訪問、コメント下さった皆様、本当に感謝いたします。
またぜひ遊びにいらしてくださいね。
kozoh55

二子玉川 風光明媚な別荘街は何処(4)

瀬田四丁目広場こと、「旧小坂家住宅」を出て、
また水に誘われて、トコリトコリと歩いていくと、
二子玉川 (335)_R
「静嘉堂文庫」
二子玉川 (342)_R
お隣には岩崎財閥の弥之助、小弥太父子が収集した美術品の
美術館となってます。
二子玉川 (355)_R
大正13年(1924年)建築。
二子玉川 (357)_R
そうです、この二子玉川は明治・大正・昭和初期の別荘街だったのですね。

建物の裏には、私の大好きな「リアカー」が3台もあり、親しみを感じ
二子玉川 (347)_R
すぐそこにあった、岩崎家の納骨堂は、
二子玉川 (366)_R
驚くべきスケールの大きさ、と狛犬の逞しさに圧倒され、
二子玉川 (372)_R
設計社が「鹿鳴館」を設計した「ジョサイア・コンドル」
だと知ってまた驚きました。明治43年建築。

美術館裏には、岩崎家の人々が愛した梅園が、
二子玉川 (577)_R
誰に媚びることなく
二子玉川 (579)_R
訪れる人達を楽しませてくれました
二子玉川 (575)_R

二子玉川 風光明媚な別荘街は何処(3)

旧小坂邸は、あまりにも一つ一つの姿が見事でした。
洋間の紹介を、まずは夫妻の寝室。
二子玉川 (171)_R
この屋敷で一番の眺めのいい空間、富士山が見えたそうです。
二子玉川 (175)_R
「暖炉があるのよ~」でもこれはダミーで、実際は当時の最先端の
セントラルヒーティングだったそうです。
二子玉川 (173)_R
じゃあこの電気コンロもダミー?かな
二子玉川 (184)_R
小坂順造氏の像
二子玉川 (185)_R
ステレオ、
二子玉川 (188)_R
ビクター製でした。
二子玉川 (192)_R
決して派手ではないのが、いいですね。
二子玉川 (186)_R
炊事場近くの通路には、時代物の電気冷蔵庫が
綺麗な姿で残されていて
二子玉川 (203)_R
今のジェネラルモータース製の物だそうです。
昔は家電製品を作っていたのですかね、あのGMですから
二子玉川 (202)_R

ここは、応接室、洋と和が上手に溶け込んで
二子玉川 (258)_R
二子玉川 (266)_R
同じ部屋なのに、全く違ったものに私の眼には映り、驚きました。
二子玉川 (276)_R
細部がかっこよくて、撫でたくなります。
二子玉川 (262)_R

「撫でる」といえば、他の部屋で見つけたこの「ポチッ」は
なんだろうと思っていたら、
二子玉川 (182)_R
説明して下さった職員?ボランティア?の方が、
「そのボタンを押すと、お手伝いさんが来てくれるんですよ」と、

そうですよねえ、だからこそ、室内側から鉄の扉が付けられた
二子玉川 (210)_R
鉄筋コンクリート製の「蔵」がつながっているのですね。
小坂順造翁様、素晴らしいお屋敷を公開して下さり、感謝です。

お屋敷町のお話はまだ続きます。
岩崎家、そして、あの「駒沢配水所給水塔」縁の地に偶然出会えるのです。

二子玉川 風光明媚な別荘街は何処(2)

この細い川沿いを歩いた先に、スゴい建物があると聞いて、
二子玉川 (81)_R
「丸子川」を歩くこと10分少々で、まさに風光明媚な
門を発見。ここは「瀬田四丁目広場」
二子玉川 (322)_R
広場ではなくて、「庭園」でしょう、これは、
二子玉川 (308)_R
二子玉川 (147)_R
急な坂を登山のように登ると、再び門が、
二子玉川 (306)_R
「旧小坂家住宅」
信濃毎日新聞社長、貴族院議員、衆議院議員だった小坂順造氏が、
二子玉川 (303)_R
渋谷の自宅に次ぐ別邸として昭和12年に清水組(現在の清水建設)
に依頼して建てたという。
二子玉川 (299)_R
どこか農村の庄屋さん建物風なのは、梁材を奥多摩の名主の建物を
二子玉川 (296)_R
譲り受けたそうです

室内を和の空間からご紹介、居間です。
二子玉川 (222)_R
縁側で温かい日差しに包まれる生活。
二子玉川 (220)_R
茶室、小坂氏はここから入るのですね。
二子玉川 (239)_R
ちょっとしたこだわりでしょうか、なんともない所が
二子玉川 (243)_R
扉を開けると、お茶をお出しする水場なのでした。
憎らしいほど、粋なご主人だったのですね。
二子玉川 (245)_R

そして、奥様の衣装部屋、クローゼット、、広い。
二子玉川 (164)_R

二子玉川 風光明媚な別荘街は何処(1)

駅を下りて、何本の線路が走っているの?って
二子玉川 (6)_R
東京急行電鉄、田園都市線、大井川線、
二子玉川 (599)_R
改札を出た広場にはたくさんの人が集まり、大きな歌声が
どこからか響いていた。

若者の街は、同時に玉川高島屋の街でもあります。
二子玉川 (11)_R
緑を大切にしているのですね。
二子玉川 (582)_R

と、恰好つけつつ、しれっとラーメンを頂くkozoh55です。
「博多濃麻呂 二子玉川店」駅から近いですね。
二子玉川10 (73)_R
その名の通り九州ラーメンのお店、
ああ、ここは麺は細くてちょうどよい硬さが心地よく
二子玉川 (16)_R
スープがすっと喉を通り抜ける、どこか都会的な九州ラーメン、
はっきりと「美味しかった」です。飽きがこなさそう。

発見しました、しみじみ系?「二子玉川商店街」
二子玉川 (21)_R
いきなり現れた和菓子屋さんに、「食べ小僧」はすぐに
二子玉川 (28)_R
豆大福ゲット。
二子玉川10 (74)_R
これは~お餅がどっしりと存在感があって
二子玉川10 (77)_R
豆餅をお土産で買ってきてしまいました~

決して派手な商店街ではなかったですが、
二子玉川 (34)_R
こんな現役の床屋さんを見つけたら
二子玉川 (57)_R
まず惚れてしまいます。
二子玉川 (64)_R
二子玉川 (73)_R
みなさんもそうでしょう。

なんてことのない細い道なんですが、
二子玉川 (50)_R
この通りには昭和40年代まで、玉川電気鉄道、通称「玉電」が通っていて
二子玉川 (46)_R
玉電の支線「砧線」の「中耕地駅跡」なんですね~
二子玉川 (48)_R
「三軒茶屋編」を紹介した時「世田谷線」というのがありましたが、
あそこと兄弟路線だったんですね。砂利を運んで別名「じゃり電」

ああ、そういえばこのあたりもあの「大山街道」ですね。

さあ、そろそろこの街のもう一つの顔、
明治・大正・昭和の「別荘街」に行きましょうか。