下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

足立区漬けの旅 駅のない繁盛商店街

西新井大師を出て、梅島駅の方に商店街探しに
ぶらついていると、商店街発見!「関原銀座会」
舎人・西新井大師 (416)_R
近くに駅は無さそうですが、雰囲気があるお店が
舎人・西新井大師 (418)_R
けっこうあるのですよ。
舎人・西新井大師 (420)_R
歩いていくと、交差する形で他にも商店街あり、
ここは「イーストロード」
舎人・西新井大師 (442)_R
逆側には、「関三通り商店街」
舎人・西新井大師 (471)_R
舎人・西新井大師 (469)_R
どうして駅のない場所にこれほど商店が集中するの?
ビックリしながら、「へ~」と言って歩いていたら、「うん?」
舎人・西新井大師 (454)_R
最初は置き物かと思ったんですが、
舎人・西新井大師 (446)_R
商店の軒にいるので、通称「軒猫」は、こっち見てました。
舎人・西新井大師 (447)_R
この子です。
舎人・西新井大師 (452)_R
この猫ちゃんは、このお店の守り神ですよね。
「座敷わらし」ならぬ「座敷猫」

ちゃんと現役の銭湯もあり、
舎人・西新井大師 (438)_R
梅島駅に向かう途中、しみじみ系の建物をまた見つけて
舎人・西新井大師 (480)_R
舎人・西新井大師 (481)_R
このお店は巣鴨の商店街で見かけたような。
舎人・西新井大師 (494)_R
看板も親しみが持てて、いいなあって、
舎人・西新井大師 (495)_R
梅島駅と竹ノ塚限定のお店のようでした。
巣鴨の「赤パンツ」売ってませんでしたから~

いかがだったでしょうか、足立区の街並みは?
舎人の商店街はどこか昭和50年代の代表的な商店街として、
モデルのようにお約束のお店が並んでいました。
お惣菜、魚、豆腐、焼き鳥、服屋、
そんな意味ではすごく安心する商店街でした。
更に街にお店が増えてくれるといいなあって思います。
西新井大師、関原、また行って探索したいですね。

ご訪問下さった皆様、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。
kozoh55

足立区漬けの旅 西新井大師ふたたび

再度舎人ライナーに乗った私達は、次の目的地、西新井・梅島方面へ
西新井大師は、今回2回目。

「西新井大師商栄会」へー、こんな商店街があったとは、
知らなかったです。
舎人・西新井大師 (198)_R
ちゃんと「しみじみ」してましたよ~
舎人・西新井大師 (187)_R

西新井大師は、案外とお洒落で
舎人・西新井大師 (208)_R
池を眺めてのんびりまったりしてしまいました。
舎人・西新井大師 (225)_R
鯉さん、コイコイ
舎人・西新井大師 (230)_R
本当はしっかり庶民なお寺ですが、
舎人・西新井大師 (242)_R
なんだか美しいと、
舎人・西新井大師 (269)_R
強く感じる今日この頃
舎人・西新井大師 (263)_R
若い和服姿のお嬢さん達も
舎人・西新井大師 (308)_R
この場所に溶け込んでいます
舎人・西新井大師 (310)_R
江戸後期建立の山門の先には、
舎人・西新井大師 (323)_R
これまた江戸時代から続くお団子屋さんがあり
舎人・西新井大師 (339)_R
戦後に作られた「浅香家」さんの建物は
舎人・西新井大師 (383)_R
どう見ても戦前から続いているような、
舎人・西新井大師 (373)_R
風格に満ち満ちてました。
舎人・西新井大師 (377)_R

このあたりは街を眺めているだけで嬉しくなります。
舎人・西新井大師 (364)_R
舎人・西新井大師 (392)_R
だるまは悪顔が似合うのか?
舎人・西新井大師 (400)_R

「次は~関原~関原~」

足立区漬けの旅 東京一番北の商店街

舎人の街はゆったりと時間が流れ、
舎人・西新井大師 (74)_R
丁寧に作りこまれた酒屋さんが、
舎人・西新井大師 (80)_R
こんなにも美しい姿を魅せてくれました
舎人・西新井大師 (83)_R

そう言えば、ここに来たいと言ったのは、yokotako氏でした。
昭和50年代、この地にたくさんの団地が出来て
舎人・西新井大師 (88)_R
今もこの街にゆったりとした時間を作ってくれています
舎人・西新井大師 (97)_R
団地と一緒に作られたのが「舎人団地前商店街」
舎人・西新井大師 (102)_R
中心がここ。

伊勢屋さんはここにもいらっしゃる。
舎人・西新井大師 (100)_R
舎人・西新井大師 (105)_R

お惣菜屋さんが商店街のど真ん中。
舎人・西新井大師 (114)_R
もちろん頂きました、メンチカツ。
舎人・西新井大師 (116)_R
必殺、ダブルメンチ、この迫力
舎人・西新井大師 (110)_R
とにかく量が倍くらいある大きな逸品でして

お魚やさんも、大きな声で私達を歓迎してくれて、
舎人・西新井大師 (131)_R
店内を見ていたら、丁寧に丁寧に商品を並べて
舎人・西新井大師 (127)_R
若ご主人のお子さんの絵が、入り口に飾られています
舎人・西新井大師 (124)_R

お豆腐屋さんも、
舎人・西新井大師 (141)_R
こんな可愛いコップで豆乳を注いでくれて
舎人・西新井大師 (135)_R
お金のやりとりを、駅の精算所にしかないはずの
こんなものを紹介してくれました。便利ですね。
舎人・西新井大師 (137)_R

「神領掘親水緑道」
舎人・西新井大師 (149)_R
本物?
舎人・西新井大師 (152)_R
動いている?
舎人・西新井大師 (154)_R
めんこかった事だけは確かですね。
舎人・西新井大師 (155)_R

足立区漬けの旅は、まだまだ





足立区漬けの旅 舎人ライナー

先週末、なんだかゆっくりと街歩きしたいなあと思って、
まだ行ったことがない、東京の北のはずれ、足立区の方に
行ってみたくなりました。

舎人ライナーとい乗り物に乗るのに日暮里駅へ
舎人・西新井大師 (64)_R
詳しくは知りませんが、この銅像は「太田道灌」さんのようです。
舎人・西新井大師 (60)_R
江戸の街を作った人じゃないですな。

日暮里には、「谷中・根津・千駄木」を散歩する時と
この「ぶらり」というお気に入りのラーメン屋さんに
食べに行くときに立ち寄るのです。
舎人・西新井大師 (53)_R
こんなにも濃厚な白湯スープに、他では出会えません。
舎人・西新井大師 (57)_R
塩ラーメン、一度食べにいらしてください。

舎人ライナーは2度目です。
舎人・西新井大師 (67)_R
乗客がこんな風景を見ることが出来るのは、
舎人・西新井大師 (166)_R
運転手のいない自動運転ならではですね。

熊野前、西新井を通り過ぎて、見えてきました。
舎人・西新井大師 (170)_R
すごく敷地が広いぞ、この「舎人公園」公園の中に駅があるそうです。

こんな感じで電車は走っていて
舎人・西新井大師 (165)_R
気が付くと、「舎人」駅に到着です。
舎人・西新井大師 (69)_R