下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

四万温泉 上野国(こうずけのくに)から(3)

四万温泉に泊まり、翌日は雪景色。
宿を出た後、名残惜しくて、再び散策。
四万温泉 (356)_R
スマートボールの「柳家」さん。今回は入れずじまい。
四万温泉 (358)_R
四万温泉 (364)_R
四万川が温泉街を彩ってくれてます。
四万温泉 (367)_R
四万温泉 (369)_R
その先をまた見上げると
四万温泉 (434)_R
え、、、熊よけの鐘、、、ああ連れが「カーン」と撞いている
試しにやるもんじゃないし!
四万温泉 (464)_R
「呼びましたか?」と現れたのは、ニホンザルでした。
めんこかった~
四万温泉 (453)_R
ちなみに、積善館の風景で始まったこの記事ですが、
私が宿泊したのはお隣の「温泉三昧の宿 四万たむら」さん。
四万温泉 (4)_R
この茅葺部分は、江戸時代から続くという
190年の歴史を持つ老舗旅館でした。
四万温泉 (8)_R
温泉の数、清潔さ、そして熱さが最高に素晴らしく
満足感高かったです。温泉宿は温泉が良くなくちゃね。
四万温泉 (407)_R
ここが190年の歴史のお部屋部分です。

いかがだったでしょうか、上野国の四万温泉。
12月の中ごろに、群馬県で探してネットで何とか
お正月予約が取れたのがこの宿でした。
そして隣接して積善館があることを現地に着いて知ったのです。
今度は積善館にも泊まってみたいです。
四万温泉の源泉かけ流しの温泉が肌に合ってしまった私ですし。
みなさんの温泉探しに参考になれば幸いです。

ご訪問下さった皆さん、ありがとうございます。
今年1年お世話になりますがよろしくお願いします。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

四万温泉 上野国(こうずけのくに)から(2)

四万温泉の魅力は、他にもたーくさん。
四万温泉 (122)_R
四万温泉 (116)_R
どうです、この姿。
四万温泉 (121)_R
落合通り、ここは昭和かなあ
四万温泉 (254)_R
四万温泉 (263)_R
スマートーボル、浅草で発見して以来です。
四万温泉 (271)_R
別な通りには古民家が開放されてました。
四万温泉 (162)_R
四万温泉 (168)_R
この食器棚のデザイン。もう昭和ではないかも?
四万温泉 (176)_R

四万温泉 上野国(こうずけのくに)から(1)

明けましておめでとうございます。
ブログにいらして下さった皆さん、ご訪問ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

群馬県吾妻郡中之条町、四万(しま)温泉に行ってきました。
関越自動車道渋川ICを出て、更に一般道を1時間。
四万温泉 (44)_R
「積善館」元禄4年に「関善兵衛」さんが始めた300年続くお宿。
四万温泉 (52)_R
「積善館本館」1、2階は江戸の当時の建物だそうです。
四万温泉 (51)_R
日本最古の温泉建築宿。
四万温泉 (84)_R
積善館には、粋な建物がたくさん。
四万温泉 (69)_R
四万温泉 (67)_R
1階部分は昭和5年に作られた洋風温泉「元禄の湯」
四万温泉 (112)_R
中を紹介出来なくてごめんなさい。

夜の姿
四万温泉 (247)_R
四万温泉 (242)_R
翌日、雪の舞の中で
四万温泉 (309)_R
四万温泉 (317)_R
ふふふ、です
四万温泉 (320)_R
ふと見上げると
四万温泉 (374)_R

四万温泉 まだ続きます。