下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

阿佐ヶ谷 この街の奥行きをまだ知らない(5)

再び(1)で紹介した阿佐ヶ谷パールセンターへ。
阿佐ヶ谷10 (4)_R
この商店街は、たぶん古く、そして、長い、永い。
阿佐ヶ谷10 (290)_R
アーケードの迫力は、武蔵小山、十条、大山、
どこもここには勝てないのではないか。
阿佐ヶ谷10 (292)_R
文字を見ているだけで惚れ惚れする、戦前?の建物。
阿佐ヶ谷10 (333)_R
阿佐ヶ谷10 (331)_R
幾年月か、地元の方に愛され続けた喫茶店が、
9月に今月閉店してた。
阿佐ヶ谷10 (298)_R
阿佐ヶ谷10 (296)_R
ショップのオーナーの思い入れに満ちた看板装飾。
阿佐ヶ谷10 (303)_R
お肉屋さんもお約束。
阿佐ヶ谷10 (312)_R
10分歩いてアーケードが終わると、
次の商店街へバトンタッチ、この街は商店街で作られている。
阿佐ヶ谷10 (310)_R

お約束と言えば、守ってくれました。

質屋さんには必ず蔵があり、
阿佐ヶ谷100 (20)_R
下町には可愛い猫ネームの飲み屋があり、
阿佐ヶ谷100 (1)_R
ちょっと入りたくなるような横丁があって
阿佐ヶ谷100 (31)_R
阿佐ヶ谷100 (33)_R

そして、そして、
阿佐ヶ谷100 (26)_R
「釣り堀」がある、、、、
阿佐ヶ谷100 (27)_R
阿佐ヶ谷100 (29)_R
これは、たぶん、「夢」です。都内のこんな住宅街に
釣り堀なんてありませんね、現代は。

結局、奥行きがどこまであるのかわからずに
この日の旅を終えました。

いかがだったでしょうか、阿佐ヶ谷。
遠くないうちに青梅街道の向こうに行ってみたいと思います。
すごく深い街でした。

皆さんも興味を持っていただけたら、ぜひ一度いらしてください。
残念ですが「可否茶館」に出会うことは出来ないようですが。

ご訪問下さった皆さん、ありがとうございます。
またぜひ遊びにいらしてください。
kozoh55

阿佐ヶ谷 この街の奥行きをまだ知らない(4)

『猫の隠れ処』の店主代理さんに、
『この辺りで古い建物がある場所ごぞんじですか』
と尋ねたら
『駅の先に古い民家がありますよ、後は中央線の線路を渡った先
青梅気会道の向こうには、古い家がいくつかあるらしいですよ。
『どうもありがとうございます』

お礼を言って、さあ歩こうとふと向かい側にそびえる建物。
阿佐ヶ谷10 (131)_R
これなんですけど、古い建物って。
阿佐ヶ谷10 (136)_R
近付いてみると、文字は木製なんですね。

偶然奥様が出てこられて、
私:「いやあ、歴史ある建物ですね、素晴らしいです」
「古いばっかりだし、今はお豆腐作りも遊びでやってるのよ」
「これでも昔は、従業員が何人もいて、
たくさんのお豆腐を作っていたのよ、地下には
大豆を保管する倉庫が会ったくらいだし」
私:「そうなんですか、その頃はこの商店街もたくさんの
人が来てくれたんでしょうね」
「そうなのよ」
私:「豆乳いただいていいですか」
阿佐ヶ谷10 (135)_R
この冷たい豆乳のなんとさっぱりとしたのど越しなのか。
胃の中が綺麗になったようだ。
私「ありがとうございます、これからもがんばってくださいね」
阿佐ヶ谷10 (144)_R

そして、阿佐ヶ谷駅を通り越して見えてきた建物。
阿佐ヶ谷10 (200)_R
阿佐ヶ谷10 (211)_R
阿佐ヶ谷10 (221)_R
誰かが時間を止めたのでしょう、そう玄関先が
私に伝えようとするのです。
阿佐ヶ谷10 (225)_R
これは駅すぐそばの路地入口。
阿佐ヶ谷10 (361)_R
ガラスの文字が美しくて。
阿佐ヶ谷10 (233)_R
阿佐ヶ谷10 (237)_R
阿佐ヶ谷10 (284)_R
壁に書かれたこのイラストは、いったい何だったのでしょうか。
阿佐ヶ谷10 (251)_R
まだ奥行きを探しにも行けてないのです。

阿佐ヶ谷 この街の奥行きをまだ知らない(3)

スターロード商店街のの脇道を歩いていたら、駅から離れた方に
並行して商店街があることに気が付いたのです。
「北仲通り商栄会」
阿佐ヶ谷10 (63)_R
美しい姿の看板建築が突然姿を現し、
阿佐ヶ谷10 (65)_R
美しさに惚れるのね。
阿佐ヶ谷10 (67)_R
現役のお米屋さん。
阿佐ヶ谷10 (72)_R

おっつ、この建物は、古い?新しい?
阿佐ヶ谷10 (125)_R
阿佐ヶ谷10 (127)_R
何屋さんですか?教えてください。
阿佐ヶ谷10 (128)_R
「猫の隠れ処(かくれが)」骨董品店かな?
阿佐ヶ谷10 (126)_R
そうでもないみたいです。窓の先には作家さんの作品たちが展示されて、
阿佐ヶ谷10 (88)_R
そうそう、この家具、何かに似てませんか?

自称店長代理の男性が、「開けててみていいですよ」と
私にこの鍵を渡してくれたんです。
阿佐ヶ谷10 (82)_R
私:「これって銭湯の下駄箱?」「そうですね」
阿佐ヶ谷10 (83)_R
平たい鍵を指して、「ポチッ」と押すと見事に開きましたね。
脱出ゲームみたい。
阿佐ヶ谷10 (85)_R
上の方にあるガラスケースには、招き猫三昧。
招き猫発祥の地は世田谷にある「豪徳寺」、
後ろにそびえる招き猫はその豪徳寺の歴史あり、
阿佐ヶ谷10 (95)_R
これはっつ!招き猫らしくないけど~、そう明治大正の時代の物だそうです。
猫ちゃんの顔、リアルすぎるし。これは欲しかったな~
阿佐ヶ谷10 (90)_R
この眠りネコちゃんも古いそうです。
阿佐ヶ谷10 (101)_R
他にも見惚れるような家具・道具ばかり、
タイルの袖、見えますか~
阿佐ヶ谷10 (118)_R
「早大」と書かれている活版印刷、阿佐ヶ谷10 (111)_R
こんな文字を起こしていたそうです。
阿佐ヶ谷10 (114)_R
大阪卸売市場の何かの記念に作成した秤。
阿佐ヶ谷10 (107)_R
で、めんこいめんこいあなたはどなたでしょうか?
阿佐ヶ谷10 (120)_R
三毛猫の「千田みすゞ」さん、このお店の店主さん。
阿佐ヶ谷10 (122)_R
店長代理さん、貴重なものばかり見せて下さりありがとう。
ちょっぴり不揃いの「おはじき」を頂いてお店を出たのです。
阿佐ヶ谷100 (3)_R


猫の隠れ処 東京都杉並区阿佐谷北2-10-10

阿佐ヶ谷 この街の奥行きをまだ知らない(2)

阿佐ヶ谷の駅から、四方八方に商店街が伸びていきます。
その一つ、「スターロード商店街」
阿佐ヶ谷10 (28)_R
一つ感じたこと、「お洒落なお店があるぞ」
阿佐ヶ谷10 (34)_R
阿佐ヶ谷10 (39)_R
地下にシアターがあり昭和30年代の映画を、、
阿佐ヶ谷10 (48)_R
これだって、ねーっつ、
阿佐ヶ谷10 (23)_R
阿佐ヶ谷10 (19)_R
これも私にはお洒落。
阿佐ヶ谷10 (17)_R
もう一つ感じたこと、「猫が主人公かもしれない」
阿佐ヶ谷10 (30)_R
阿佐ヶ谷10 (242)_R
「主人公?当たり前だニャ」
阿佐ヶ谷10 (246)_R
更に感じたのは、「学生のたまり場になりそう」
阿佐ヶ谷10 (58)_R
阿佐ヶ谷10 (59)_R
何だろう、好きになっちゃって。うん十年前の学生時代に、
にこの街に住んでいたら、こんな場所で楽しんでいたんだよ、たぶん。
阿佐ヶ谷10 (60)_R
阿佐ヶ谷10 (61)_R
阿佐ヶ谷10 (62)_R

そして、偶然ここより一世代前風の商店街を見つけるのです。

阿佐ヶ谷 この街の奥行きをまだ知らない(1)

お晩です。今回、何故阿佐ヶ谷の紹介をするのか、
こんな話があったからです。

半年前、銀座を紹介した際、いくつもの歴史に満ちた
喫茶店に出会いました。
銀座 (1)_R
トリコロール本店、昭和11年創業。

銀座 (336)_R
カフェパウリスタ。「銀ブラ」という言葉は、銀座をぶらりするからではなく、
銀座 (339)_R
この店でブラジルコーヒーを飲むことから始まったそうです。
明治44年創業。

ネットで調べ物をしていたら、この「カフェバウリスタ」が現存する
日本最古の喫茶店だということがわかりました。
じゃあ本当の日本最古の喫茶店は?と調べているうちに、
台東区上野に明治21年に創業した「可否茶館」に突き当り、
「可否茶館」は後に阿佐ヶ谷に移転していたのです。
当時の姿の欠片でも探したいと思い、中央線に乗ったのです。

駅を降りて、いきなり姿を見せる商店街「阿佐ヶ谷パールセンター」
阿佐ヶ谷10 (2)_R
その隣にひっそりと佇んでいた、「ゴールド街」
阿佐ヶ谷10 (339)_R
そう、この商店街に数年前まで「可否茶館」はあったようです。
阿佐ヶ谷10 (342)_R
いきなりシャッター、
阿佐ヶ谷10 (343)_R
またシャッター。
阿佐ヶ谷10 (345)_R
また、、、、そう、この商店街はJRの事情によりテナントに退転が

もとめられ反対運動が始まり、
そしてその中で「可否茶館」はこの地を去ったのです。
阿佐ヶ谷10 (350)_R

阿佐ヶ谷10 (347)_R
このロゴに惚れました。
阿佐ヶ谷10 (348)_R
残念ながら、「可否茶館」がどのシャッターの奥にあったかを
探し当てることは出来ませんでした。

次回は阿佐ヶ谷という町の驚くべき多様性をお伝えしてきます。