下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

びば、ラーメン!! 本八幡 菜

今年、首都圏2回目の大雪となった2月2日、
さすがに外出は控えることにしたものの、
ラーメンは我慢できなくて、
自宅のすぐ近くにある、本八幡の名店『菜』さんを訪問、
180202-120458-本八幡20180202 (21)_R

イケメンのご主人が一人で切り盛りするこのお店
いつも行列が出来ているので、まだ数回しか頂いていない

スープが塩とか醤油とか、味噌とか選べる中で
『塩煮干し』をオーダー
180202-115343-本八幡20180202 (8)_R
塩ラーメンというとあっさり味の印象があるかもしれませんが
180202-115404-本八幡20180202 (14)_R
かなりパンチの効いた塩味と、煮干しのえぐ味など一切感じないまろやかさ
180202-115402-本八幡20180202 (13)_R
この太い自家製麺がこのラーメンのチャームポイントかな
180202-115354-本八幡20180202 (10)_R
丼の底に溜りに溜ったニボニボ達を
180202-120350-本八幡20180202 (16)_R
さらうように頂きました。
醤油も赤味噌も、白味噌も、一通り頂きたい、
そんなお店は大雪にも関わらずほぼ満席で
次から次へとお客様がいらしていました。

千葉県市川市南八幡2-4-17 JR総武線本八幡・下総中山駅から共に15分位

びば、ラーメン!! 東川口 永福大勝軒

ラーメン好きなら、ご存じの方も多いかと思いますが、
ラーメンの流儀というか派閥で『大勝軒』と名の付くお店には、二つの流れがあります。
一つがご存じ、先日亡くなられた山岸さんがやられていた『東池袋 大勝軒』
もう一つが、今回紹介する『永福町大勝軒』

正式に本家よりのれん分けを認められた『東川口 大勝軒』さん
170929-130856-小岩20171003 (289)_R
まず看板や暖簾に伝統的なスタイルを感じ
そしてこれがラーメンの姿
170929-125454-小岩20171003 (288)_R
通常の1.5倍はある大きなどんぶりに
170929-125449-小岩20171003 (287)_R
ゆったりと麺とスープが共存している

ほしくて少し柔らかめの麺は、すっと胃の中に入ってくる、スープが優しい

具は一つ一つ丁寧に作られ、並べられている
170929-125441-小岩20171003 (285)_R
スープがあっさりな分、叉焼は醤油に味わいが効いている
170929-125445-小岩20171003 (286)_R

好きだなあ、こういうラーメン

『東川口大勝軒』さん
埼玉県川口市戸塚2丁目25−1 武蔵野線東川口駅徒歩2分


びば、ラーメン!! 広島の味をそのまんま

明日から記事にする予定の『寒川神社』
訪問するために立ち寄った戸塚で
偶然出逢った広島の味は、本物でしたよ~

JR戸塚駅西口を出た所、『トツカーナモール』5階にありました、
『麺や太華』さん
180109-141024-寒川神社201801 (32)_R
広島の竹原の名店で修業された方が出したお店
180109-141036-寒川神社201801 (34)_R

これが中華そば大盛り
180109-135713-寒川神社201801 (26)_R
あっさり味の醤油は、一口食べて、どこかで食べたことがある味わい
180109-135702-寒川神社201801 (23)_R
大きな叉焼は脂身がほとんどなく、柔らかい
180109-135708-寒川神社201801 (24)_R

どこだったんだろう、どこで食べた味だろう
それは、ネギと一緒に浮いている丸い粒とその味が記憶にあったのだ
180109-140544-寒川神社201801 (28)_R
ああ、そうだこの粒は背油、そして食べたのは尾道
ちょっと考えたら当たりまえなお話、尾道は広島県の街
竹原のラーメンとは、親戚なんですね

ストレート細麺をすべて頂いて、背油も食べ尽くす
180109-140900-寒川神社201801 (30)_R
ご馳走様でした、美味しかったです

横浜市戸塚区戸塚町16-1 トツカーナモール 5F
『こだわり中華そば 太華』

初ラメ

2日の街歩き、常陸太田でラーメンを食べられなかったkozoh55

5日のお休みの日に初ラメとなりました。
180105-132742-寒川神社201801 (2)_R
『塩ラーメン全部入り、麺1.5倍』
180105-132759-寒川神社201801 (9)_R
全く苦みの無いこの真っ白なネギ
180105-132755-寒川神社201801 (6)_R
こんなにも山盛りでも、すっと食べてしまう

顔を現す叉焼三昧
180105-133425-寒川神社201801 (17)_R

180105-132818-寒川神社201801 (12)_R

180105-132804-寒川神社201801 (11)_R
何度も何度も紹介したくなるお店
170922-131633-ひらめき201709 (45)_R

千葉県市川市市川南3-13-2
総武線市川駅から線路沿いに小岩方面を徒歩10分
『ひらめき』さん



びば、ラーメン!! 2017忘れられない味②

結局、倉敷に行っても、尾道に行っても、
ラーメンを食べるしかない、kozoh55

倉敷駅から5分ほどで出逢った『小豆島ラーメン HISHIO』さんの『醤そば』
171122-122611-倉敷・尾道20171123 (238)_R
小豆島で有名な醤油を使ったラーメン
なのに、スープの味は塩、たぶん、それが飽きの来ない美味しさ
171122-122619-倉敷・尾道20171123 (240)_R
焦がす一歩手前まで焼き上げた叉焼、それがまた魅力でした~
171122-122627-倉敷・尾道20171123 (243)_R

尾道の超人気店『朱華園』さん
171123-135555-倉敷・尾道201711 (358)_R
待つこと30分位でしたか
171123-132707-倉敷・尾道201711 (342)_R
ラーメンはシンプルな方が美味しい
171123-133953-倉敷・尾道201711 (354)_R
尾道ラーメンの特長はスープに浮いているちいさな背油の塊達の存在
見えなくてごめんなさい

さっぱい味の叉焼、長い人気の秘訣でしょうか
171123-133949-倉敷・尾道201711 (352)_R
どのことを改めて教わりました
171123-134542-倉敷・尾道201711 (356)_R

錦糸町で『ど』が付く美味しいラーメン屋に遭遇
171118-134621-錦糸町 ラーメン (14)_R
『ラーメン 匠屋』さん
171118-133137-錦糸町 ラーメン (3)_R
この肉厚の梅を頂きながら
171118-133153-錦糸町 ラーメン (6)_R
具材ひとつひとつにこだわって
171118-133159-錦糸町 ラーメン (8)_R
丁寧に仕上げられたラーメン
171118-134430-錦糸町 ラーメン (10)_R
最近彗星のように錦糸町に登場した『鯛ラーメン』さんと
ずっといいライバルでいてほしいですね

ご馳走様

PS ここまで触れたからには、錦糸町の鯛ラーメン『麺魚』さんも
   ビジュアルで紹介するしかないですね

171010-131901-錦糸町 ラーメン (2)_R
171010-131917-錦糸町 ラーメン (7)_R
171010-132934-錦糸町 ラーメン (11)_R
繁盛しすぎて、最近、お店を目の前の場所に移転されたようです