下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

寄居 晴れ時々曇りのち雨④

寄居町はどういう街なんだろうかと、考えながら歩く
光りと影が共存している街


凄くインパクトのある看板
170124-140252-寄居20170124 (159)_R
静かな姿のお店、たぶん伝統ある老舗なんでしょうね
170124-140437-寄居20170124 (163)_R
昔ながらの奥行きのある建物が隣の建物が無くなり、トタンで覆う
170124-140600-寄居20170124 (172)_R
双子でしょうか
170124-140555-寄居20170124 (170)_R
駅周辺に戻ると、相変わらず音が無い町並み
170124-140928-寄居20170124 (178)_R
お店もいろいろありますねえ。
170124-140809-寄居20170124 (175)_R
170124-140811-寄居20170124 (176)_R
喫茶店を発見、けれど現役ではないようで
170124-141453-寄居20170124 (182)_R
すでに閉店となった寄居駅前ライフへの移転案内が
170124-141456-寄居20170124 (183)_R
空しく張られてあった。

街の光と影

そして出逢った建物「山崎屋旅館」
170124-141750-寄居20170124 (200)_R
創業明治8年
170124-141647-寄居20170124 (193)_R
現在の建物は大正・昭和の建築との事
170124-141754-寄居20170124 (202)_R
美しく誇り高い日本建築

その隣の建物
170124-141902-寄居20170124 (209)_R
この建物も古いんだわ、たぶん昭和初期
170124-141906-寄居20170124 (212)_R
関東大震災後の看板建築の影響があるようにも見えます
170124-141546-寄居20170124 (189)_R
ええ、床屋さんでした、現役?わかりませんでした。

寄居の町並は続く
170124-144206-寄居20170124 (271)_R
森永のエンゼルマークここにあり
170124-144222-寄居20170124 (272)_R

戦後70年
170124-144241-寄居20170124 (275)_R
このお店達は何歳になったのでしょうか
170124-144511-寄居20170124 (277)_R
170124-144803-寄居20170124 (282)_R

山崎屋さんのこの姿は「光」そのものでした
170124-141946-寄居20170124 (221)_R

寄居 晴れ時々曇りのち雨③

東京近郊の有名な景勝地だったのかもしれない
170124-132830-寄居20170124 (82)_R
何処が魅力かというと
170124-132536-寄居20170124 (78)_R
この荒川流域で関東一の水祭りがおこなわれる事、らしい
170124-132516-寄居20170124 (72)_R
実はよくわかっていないのだけれど
170124-132529-寄居20170124 (73)_R
これだけ立派な現役の宿があるわけだし
170124-133051-寄居20170124 (89)_R
170124-133234-寄居20170124 (101)_R
170124-132921-寄居20170124 (85)_R

この街の勃興の時期の証は、この建物の存在、
路地に埋没して消えかかっていた
170124-134955-寄居20170124 (111)_R
「旧野原病院」
170124-135030-寄居20170124 (113)_R
戦前、昭和初期建築に間違いない
170124-135039-寄居20170124 (115)_R

ほら、景勝地・観光地らしい姿をまた発見
170124-135528-寄居20170124 (149)_R

寄居 晴れ時々曇りのち雨②

駅前商店街は、全体こんな風でした
170124-125444-寄居20170124 (23)_R
170124-125536-寄居20170124 (26)_R
けれど、時折、こんな凝った建物があるのかあ
170124-125928-寄居20170124 (31)_R
そう、驚きます
170124-125953-寄居20170124 (35)_R
この柱、姿が美しい、セクシー
170124-125950-寄居20170124 (33)_R
何十年前に閉店したんですか、パチンコ屋さん
170124-125627-寄居20170124 (28)_R
小鳥屋さんの
170124-130446-寄居20170124 (39)_R
窓の造りが上品でしょう
170124-130458-寄居20170124 (40)_R

寄居 晴れ時々曇りのち雨①

記事としては身近いものになると思いますが
この寄居という街、忘れられない出逢いでした。

寄居駅南口駅舎は地味そのもので
170124-143755-寄居20170124 (259)_R
けれど、ここはJR八高線、東武東上本線、そして秩父鉄道という
3路線の交通の要衝、のはず、
秩父鉄道は明治34年に開業しているから、歴史持ちでもあります

駅北口に隣接する町役場は立派そのもの
170124-124035-寄居20170124 (15)_R
北口から少しあるいたところにある「うさぎや」さん
170124-123112-寄居20170124 (12)_R
見ての通り
170124-121948-寄居20170124 (5)_R
さっぱりとした味わいの
170124-121958-寄居20170124 (9)_R
丁寧な美味しいラーメンでした
170124-122002-寄居20170124 (10)_R

再び南口へ、目に入るのは観光案内所
170124-124419-寄居20170124 (16)_R
これも牧歌的というか、しみじみ系

これは立派な建物だけれども、主がもういない「旧ライフ寄居店」
170124-125411-寄居20170124 (21)_R

そして、商店街が始まる
170124-125425-寄居20170124 (22)_R

太田 時の流れ 過ぎし日々②

東口を出た左側に向かうと、街の様相が変わってくる
170131-121428-大田2017 (75)_R
不二家さんはこの街で役割を終え

この商店街は「がらんどう」になっている
170131-121505-大田2017 (77)_R
どうして?どうしてだろう
170131-121630-大田2017 (83)_R
商店街の定休日だったのかもしれない、火曜日は定休日のお店が多い
170131-121827-大田2017 (94)_R
170131-122013-大田2017 (104)_R
下町商店街で、元気に頑張っていることが多いお茶さん
170131-122103-大田2017 (106)_R

どうしたのだろう

街に出ると、いつだって美味しいラーメン探し
170131-125327-大田2017 (137)_R
南口の市役所裏にある繁盛店「爆じゅう餃子」さん
ラーメンは見た目ほどこってりではなく、食べやすい
170131-123811-大田2017 (115)_R
自慢の餃子を頂く
170131-124613-大田2017 (128)_R
「醤油をかけないでください、そのままで美味しいです」
170131-124653-大田2017 (133)_R
ほんと、そのまま食べたら、じゅっと、うまみ汁が出てきたから~