下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

武蔵小山 商店街KING2 ③

武蔵小山商店街を歩く
160507-152548-武蔵小山 戸越銀座 (207)_R
この商店街の魅力は個人商店街が工夫をこらして輝いていること
160507-153541-武蔵小山 戸越銀座 (211)_R
160507-152338-武蔵小山 戸越銀座 (201)_R
160507-153916-武蔵小山 戸越銀座 (213)_R
50年以上続くこの商店街の取り組みには、頭が下がります

武蔵小山PALMのライバル「戸越銀座」も散歩
160507-154946-武蔵小山 戸越銀座 (225)_R
ここもお客様がいっぱい
160507-155855-武蔵小山 戸越銀座 (229)_R
しみじみ系もいくつも残っている
160507-161034-武蔵小山 戸越銀座 (235)_R
お店の個性を大切にして
160507-161109-武蔵小山 戸越銀座 (236)_R

こうして近くにライバルがいることが、両商店街にとっての幸せなのでしょう

武蔵小山、戸越、そこから五反田まで歩くと、また風景に出逢う
160507-164108-武蔵小山 戸越銀座 (269)_R
160507-164132-武蔵小山 戸越銀座 (274)_R
160507-164526-武蔵小山 戸越銀座 (283)_R
160507-164550-武蔵小山 戸越銀座 (288)_R


武蔵小山 商店街KING2 ②

武蔵小山PALM商店街、日本で有数の繁盛商店街
160507-140654-武蔵小山 戸越銀座 (135)_R
すぐに変化に気が付いた、そう
160507-140617-武蔵小山 戸越銀座 (132)_R
商店街入口の左側が丸ごと無くなっていた
160507-140749-武蔵小山 戸越銀座 (137)_R

再開発、街は日々変化する

ただ、そこにあった風景も私は結構好きだった
120318-163747-武蔵小山 (1)_R
120318-160522-武蔵小山 (79)_R
勘違いでなければ、まるごと無くなっていた、風景

商店街再び、まっすぐ進む通りと
160507-141249-武蔵小山 戸越銀座 (145)_R
西小山に向かう通りと2本広がる商店街
160507-140810-武蔵小山 戸越銀座 (138)_R
実は西小山とはつながっていると思うほど近い
160507-142118-武蔵小山 戸越銀座 (159)_R
ついつい西小山のおでん屋さん
160507-143628-武蔵小山 戸越銀座 (175)_R
買い食いをしてしまうkozoh55
160507-143129-武蔵小山 戸越銀座 (167)_R
しいたけもつくねも味がのっていて、おいしい

再び武蔵小山商店街、そうそう、有名店がここ
160507-152403-武蔵小山 戸越銀座 (203)_R
160507-152334-武蔵小山 戸越銀座 (199)_R
母の日で、このパフェがなんと500円、ついているね
160507-150138-武蔵小山 戸越銀座 (191)_R

いつか、4、5人向けのジャンボパフェを、二人くらいで食べてみたい

武蔵小山 商店街KING2 ①

武蔵小山商店街PALMは東京の商店街の成功実例として、
ここより徒歩10ッ分ほどの距離にある「戸越銀座」と、
「商店街KING」の座を争っている。

けれど、東急目黒線のこの駅を降りて、目黒不動方面を少し歩くだけで
160507-140622-武蔵小山 戸越銀座 (134)_R
違う名の商店街が現れる
160507-125445-武蔵小山 戸越銀座 (24)_R
「親友会」
160507-125314-武蔵小山 戸越銀座 (22)_R
おおー、看板建築が聳えてくれている
160507-125449-武蔵小山 戸越銀座 (26)_R
ここにも別な商店街があった
160507-125556-武蔵小山 戸越銀座 (30)_R
ド迫力のせんべい屋さん
160507-130522-武蔵小山 戸越銀座 (57)_R
160507-130545-武蔵小山 戸越銀座 (60)_R
更に迫力の、昭和初期建物に出逢う
160507-131442-武蔵小山 戸越銀座 (74)_R
当時のまま、現役で営業されてました
160507-131708-武蔵小山 戸越銀座 (87)_R
なかなかな看板、いや、掲示板か
160507-131505-武蔵小山 戸越銀座 (77)_R
駅そばに戻ると、ちょっと素敵なお店が並んでいる
160507-132157-武蔵小山 戸越銀座 (100)_R
扉が小さすぎて入れないかもしれない、、、、
160507-125016-武蔵小山 戸越銀座 (17)_R

この風景が「武蔵小山駅周辺」ですから

江戸の南の下町情緒 六郷・雑色(4)

京急雑色駅を中心に四方八方に商店街が広がる。
水門通り商店街へ。
雑色2 (133)_R
入ってみたいなこんな路地、
入ってみたいな「みよちゃん」
入ってみたいな「大人の駄菓子屋」
雑色2 (1)_R
今日も明日も合戦中
雑色2 (136)_R
ほらあ、しみじみとしてきた、建物もね
雑色2 (141)_R
水門通り商店街の先にあるもの
雑色2 (138)_R
雑色2 (140)_R

「六郷水門」は昭和6年竣工。
雑色2 (199)_R
雑色2 (183)_R
雑色2 (177)_R

「雑色」という言葉の由来は律令制の時代の下級役人から
来ているらしい。
いかがだったでしょうか、「六郷・雑色」
旧東海道沿いというのは、とにもかくにも歴史と風情が一杯の
場所ばかりです。
国道駅周辺、鶴見市場、生麦、、、、そして六郷水門、
江戸の南の下町チャンプ、それがここですね。

ご訪問下さった皆さん、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。

kozoh55

江戸の南の下町情緒 六郷・雑色(3)

六郷土手から蒲田に向かい「雑色」へ
雑色2 (86)_R
不思議な姿の建物が待っていた
雑色2 (94)_R
雑色2 (95)_R
今も蔵で営業するお店
雑色2 (92)_R
商店街がどこにもここにも
雑色2 (106)_R
そこにいたお店達
雑色2 (109)_R
雑色2 (111)_R
雑色2 (113)_R
小学校の頃、地元のおもちゃ屋に入るのが楽しみで、楽しみで
雑色2 (125)_R
「雑色ジャンジャンセール商店街」は正式名称かな。