下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

八王子 お揃いの看板建築

「古い街並みは、西八王子の方に向かって、八幡町の方があるわよ」
甘味処の方のアドバイスを受け、トコトコ向かう。
これだけしっかりとしたアーケードが残っていること自体、
レトロな印象。
八王子20130908 (271)_R
ちょっと色と形が違う「看板建築」三兄弟間違いなし。
お休みも一緒なんですね。
八王子20130908 (274)_R
ここが一番古そう。明治?江戸?
お店は今もやっているのかしら。
八王子20130908 (294)_R
八王子20130908 (293)_R
これも3兄弟、古い建物って案外借りていることが多いって
ふとそんな気がしました。
八王子20130908 (212)_R
文字を見て「漢字っていいなあ」と改めて感じる。
八王子20130908 (210)_R
八王子20130908 (320)_R
お豆腐の瑞々しさを、この色で表現?
八王子20130908 (306)_R
こんな文字も可愛いし。
八王子20130908 (261)_R

とにかく巨大な「温泉銭湯」でした。
八王子20130908 (300)_R
八王子20130908 (298)_R
八王子20130908 (303)_R
蔵はよく見ると、街に溶け込んでいます。
八王子20130908 (331)_R
「迫力アリ」です。
八王子20130908 (332)_R
最後に、八王子駅近くに戻って、
八王子20130908 (328)_R
お肉をたっぷり使っている、どっしり感大なメンチ
頂きました~。
八王子20130908 (330)_R
ここからは、「昭和慕情」系かなあ。
八王子20130908 (354)_R
八王子20130908 (364)_R
八王子20130908 (368)_R
ここは、食べてみたかったかな。
八王子20130908 (371)_R

いかがだったでしょうか、八王子。
甲州街道沿いは、古い建物オンパレードで、
並行する細い道に足を踏み入れたら、
あの銭湯やお豆腐屋さんえお見つけることが出来たのです。
まだまだ奥深し、再訪を誓った私でした。

ご訪問下さった皆さん、感謝申し上げます。
またぜひ遊びにいらしてください。
kozoh55

八王子 宿場町の面々が今を作って

八王子、元宿場町でしょう、だけではないのです。
北口を出ると、少し歩くと甲州街道が現れます。
八王子20130908 (20)_R
後ほど紹介しますが、こういった歴史建築は、
この場所から西八王子まで、ずっとずっと続いたりします。

八王子銘菓「もちとし」さん。
八王子20130908 (17)_R
「うちは大正創業ですね、新しい方です」
お店の方が教えてくれました。
謙虚なこのお店の壁には戦後受賞した数々の賞状が、、
見ると、どれも美味しそうで。
黄色いこのお菓子の柔かい事、甘味がすっと胃に入ってきます。
八王子20130908 (15)_R
更に西八王子方面を歩くと、今度は「伊勢屋本店」
八王子20130908 (231)_R
そんなに古くないそうですが、お店の象徴「木団子」
八王子20130908 (226)_R
初代のこの作品は、2代目が壊れてしまっても
こうして元気の姿を見せる、このお店のお守りのようです。

頂きました、スイーツ。これで500円とすこしの価格。
八王子20130908 (223)_R
八王子20130908 (220)_R
yokotako氏チョイスは、珈琲までついて500円。
八王子20130908 (224)_R
特別に出会ったことの無いような味はしませんでしたが、
値ごろで私達庶民に甘いものをお届けし続ける、
それって本当にすごい事なんですね、感謝です。

店先で見つけた風景、
八王子20130908 (232)_R
山田屋さんですか~
八王子20130908 (234)_R
このコピー、今でしょう。
八王子20130908 (237)_R
店内は一つの統一されたワールドでした。
八王子20130908 (251)_R
八王子20130908 (249)_R
「関東大震災の時はもう、お店はあったのよ」
建物は建て替えたけど、当時の建築材料などを使って
うちの若旦那が一つ一つ作り上げたの」と女主人さん。
八王子20130908 (243)_R
「これも50年以上前」
八王子20130908 (246)_R
「算盤だって、五つ玉よ」
八王子20130908 (242)_R
私:「凄いお店ですね、どの商品も可愛いし、店内自体が
誰か一人の方により、調和が取れてますね」
「ありがとうございます」

私:「これ、いただきます」
八王子20130908 (239)_R
あんまりにも可愛くて、可愛くて、お土産にしました。

お礼を言って、私とyokotako氏が外に出ると。
改めて、その姿に、懲り具合に感動したのでした。
八王子20130908 (255)_R
八王子20130908 (253)_R
必ず、再訪をしましょう。

さあ、次回は看板建築がお団子のようになった街を歩きます。

八王子 残された宿場町の残照2

住宅街の路地を歩いていたのに、突然、目の前に現れた
広い道路と並木。
八王子20130908 (99)_R
近付くとことのほか、美しい花が今が旬を迎えている。
八王子20130908 (117)_R
八王子20130908 (155)_R
yokotako氏が「サルスベリ」かなあって、

そして、現役の料亭でしょう、「八百福」さん。
八王子20130908 (114)_R
八王子20130908 (98)_R
八王子20130908 (112)_R
随分と以前、この街の名はこれだったのかもしれません。
八王子20130908 (93)_R
「大通り」に面して幾つかの建物が目に入る。正面から
八王子20130908 (125)_R
八王子20130908 (129)_R
八王子20130908 (130)_R
そして側面から、、、奥行きが深い
八王子20130908 (133)_R
その向かいの建物。
八王子20130908 (122)_R
奥が見通せない。
八王子20130908 (118)_R
裏に回って、見えてきたもの。
八王子20130908 (178)_R
八王子20130908 (181)_R
たぶん、外階段が2カ所、これまたウナギの寝床のように奥がある。

今日はこれくらいですね、次回は甲州街道をひたすら歩いてみます。
〇〇建築づくしでしたよ。

八王子 残された宿場町の残照

「八王子には、古い頃からの色町の名残りが残されているようですよ。」
そんな情報をなんとなく聞きつけたのもで、訊ねてみました。

巨大な駅、そう人口約57万人のこの都市は、
政令指定都市を除くと第3位の人口。
八王子20130908 (3)_R
そして、甲州街道の宿場町、明治時代からは、
絹織物、養蚕業が盛んであったことから、「桑の都」と言われていたそうだ。
北口を出ると巨大なモニュメントが駅前にそびえる。
八王子20130908 (2)_R

で、まずはラーメン探し、美味しいのに出会えるかな。
八王子20130908 (13)_R
「煮干し鰮(いわし)ラーメン圓」

店内に入ると、席が空いていて、すぐにオーダー出来た。
出てきた「煮干しラーメン」
八王子20130908 (9)_R
これが、めちゃ美味しかった~、
強すぎない煮干しスープ、ストレート麺との絶妙な相性。
八王子20130908 (11)_R
ボリュームたっぷりなチャーシューと味玉子の深いしょうゆ漬け

ここは、美味しい。私が出るころには、もう行列が出来ていた。

八王子の北側には「浅川」が流れ、
八王子20130908 (86)_R
そこに架けられた「暁橋」その近くには、
どこにでもありそうな古い倉庫跡?や。
八王子20130908 (33)_R
どこか上品な風な玄関が目だっていたり
八王子20130908 (37)_R
建物のこんな意匠を見て、「へ~」と感心していました。
八王子20130908 (50)_R
この戸袋の色付けが、良くて良くて。
八王子20130908 (54)_R

まだまだ八王子は続きます。