下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

横浜野毛 都橋商店街恋し

大岡川のほとり、都橋はちっちゃな橋で、
横浜 野毛 (256)_R
見えてきた、古ぼけた商店街看板。
横浜 野毛 (263)_R
どこまでこの商店街は続くのか、
横浜 野毛 (233)_R
ほんと、どこまで、、、
日本中の飲み屋の名前が揃ってますよ。
横浜 野毛 (223)_R
2階の入り口は、こっちなんでしょう。
横浜 野毛 (240)_R
横浜があり、野毛があり、そして東京オリンピックが生んだ「都橋商店街」
野毛の本通の街並みを美しくするために、屋台・露店が、
ここにまとめられたのです。
横浜 野毛 (250)_R
別名「ハーモニカ横丁」確かに商店街というより
「横丁」が似合うのでしょう。
横浜 野毛 (244)_R
大岡川の対岸もまた、この横丁と同じ風な景色です。
横浜 野毛 (269)_R
夜の姿を探索する日が、また楽しみですね。

野毛は不思議な街です。美しい街並み。
横浜 野毛 (212)_R
可愛いスポット。
横浜 野毛 (215)_R
何かしら、「ちぇりり場」
横浜 野毛 (216)_R
不思議な「アトリエ」ですよ。
横浜 野毛 (201)_R
この街を愛してやまない人がいっぱいいるのでしょう
横浜 野毛 (155)_R
「美空ひばり」さんも、この地にあった「横浜国際劇場」で
本格デビューしたのですね。
横浜 野毛 (185)_R
まだまだ紹介し足りません、野毛の街を。

いかがだったでしょうか、
ブログのお友達の皆さんにとっても、思い出が
てんこ盛りな場所、そんな方が多く、たくさんのコメントを
頂きました。本当にありがとうございます。
また、ぜひ遊びにいらしてくださいね。

kozoh55

横浜野毛 お気に入りと出会えます

目立たない所にジャズ喫茶があります。
横浜 野毛 (133)_R
横浜 野毛 (134)_R
なんか、雰囲気がありますね。
横浜 野毛 (88)_R
「福音喫茶」宗教系かしら?
横浜 野毛 (83)_R
野毛小路に並行したり、重なったりで横丁がいっぱいあるので
横浜 野毛 (122)_R
自分のお気に入りに出会えるのでしょう。あの三陽さんのように。
横浜 野毛 (79)_R
横浜 野毛 (123)_R
床屋さんは「技術とセンス」自慢ですよ~
横浜 野毛 (68)_R
飲食店ばかりの中で、歴史ありなお店発見。
「大銅鑼焼本舗 もみじ」さん。
横浜 野毛 (97)_R
横浜 野毛 (111)_R
ご主人がいらしたので、
私:「いつ頃からお店をされているのですか?」
ご主人:「戦後だよ、何か特長を出したいなと思って、先代の職人さんが
横浜の港で船が出るとき使う「銅鑼」をイメージして
大きなどら焼きを作ったのが当たってね、その銅鑼だよ」
横浜 野毛 (106)_R
私:「ああ、これですね、すごいてんじまでしているなんて」
DSC_0007_R.jpg
この日頂いたどら焼きです。大きくて、あんこの味が深くて
美味しかったですよ~

私:「野毛は以前からこんなに飲み屋さんがたくさんの街だったのですか?」
ご主人:「それなりの街ではあったんだけど、戦後に伊勢佐木町がGHQに接収されて
    日本人は行けなくなって、この野毛に集まるようになったんだね。」
    「当時、野毛には屋台が通りにたくさんあったんだけど、東京オリンピック
    の準備が始まって、屋台のお店はまとめて都橋に移転させられたんだよね」
   「そこも行ってみたら?」
私:「ありがとうございます、行ってみます。」

お団子を頂いて、お店を後にしました。
横浜 野毛 (101)_R

横浜 野毛 (108)_R
ご主人、貴重なお話ありがとうございます。都橋に行ってみますね。

横浜野毛 夜咲く街の夏色風景

桜木町駅を下りて、先日、TVでいろんな飲み屋さんがあることで
紹介されていた横浜野毛、自分の目で確かめたくなったのです。

野毛ちかまち(地下街、近道)ここを通らないと行けないみたい。
横浜 野毛 (4)_R
地下2階には、それこそ昭和風の、ちょっぴり、いや、かなりレトロでした。
横浜 野毛 (16)_R
横浜 野毛 (21)_R
ここが街の入り口「野毛小路」、小路がいっぱいあるのです。
横浜 野毛 (39)_R
お店のほとんどが飲食店、夜の営業中心。
横浜 野毛 (56)_R
いや、営業中の凄そうな、いや、スゴ店発見。
横浜 野毛 (54)_R
「チンチン麺」「毛沢東もビックリの餃子」どんな味?
横浜 野毛 (44)_R
キタナシュランで、★三つ貰っているのですね!凄い?
横浜 野毛 (52)_R
カウンターだけの店内に突入、メニューを見て、
「チンチン麺お願いします」名前に惚れたのです。
自分で「チンチン麺」と声を出した時点で、「クスッ」と
藁ってしまいました。
若いお兄さんから、「餃子もどうですか?」「あ、はい、お願いします」
横浜 野毛 (50)_R
餃子が先に登場。これは、もちろん手作り、
アンが、、味が濃い、そう美味しいのです。
横浜 野毛 (47)_R
そして「チンチン麺」これは、見た目さっぱり、
味もさっぱり、なのに、ニンニク相当入っていると
食べていて体がカッカしてきて、パワフルになりそう。
横浜 野毛 (48)_R
三陽の親父さん、ごちそうさまでした。

横浜野毛 まだまだ盛りだくさんですね。
外は40℃近く、街はお盆に入る気配