下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

栃木旅情 back to the 昭和・大正...

ふと、自分の故郷を思い出したりします。
栃木 (494)_R
ほら、この椅子、覚えているでしょう。
栃木 (492)_R
この姿のラーメン。
栃木 (488)_R
あっさりしょうゆの優しい味、ですよ。ご主人、ごちそうさま。
栃木 (490)_R
ヤマサのしょうゆではなく「味噌」の工場。
栃木 (679)_R
カッコイイ!!
栃木 (694)_R
これも
栃木 (705)_R
これも、、、川越にも負けない、蔵自慢なのです。
栃木 (182)_R
「美味しいものを思い出にして帰ろう」と私がyojotako氏へ
栃木 (711)_R
いただきまあ~す。あんこが、美味しくて味が濃くて。
栃木 (710)_R
「じまん焼き」で有名な富士屋さんの「小倉アイス」
栃木 (715)_R
そう、今日はこの街はお盆のお祭りなのです。
浴衣に出会えてやっぱ嬉しいし。

こんな建物が普通に建っている「蔵の街大通り」
栃木 (707)_R
栃木 (719)_R
まだ、栃木を十分に紹介出来てませんね。

いかがだったでしょうか、「栃木」。
ここは明治までは県庁所在地だったのが、感じられますね。
江戸と日光東照宮を繋ぎ、明治に入って麻の商売で栄え、
そして今日へ、、、、
撮影した写真の一割くらいしか紹介出来ませんでした。
有名なお団子屋さん「田楽あぶでん」辿り着いたらもう終わってました。
だれか、先輩方、教えてほしいのです、その味わいを、

ご訪問下さったみなさん、ありがとうございます。
またぜひあそびにいらしてくださいな。
kozoh55

栃木旅情 建て物語~百花繚乱~

栃木の街は普通に歩いているだけで、驚くべき建物に出会う。
栃木 (504)_R
背の高い木造建築を見つけ、近づいてみると、
「栃木病院」は大正2年(1913年)建築。
栃木 (506)_R
とにかくその姿の美しさに惚れます。
栃木 (508)_R
かと思うと、ちょっとした廃墟系蔵。
栃木 (525)_R
例幣使街道で見かけた建物。一財を肥料で成したそうだ。
栃木 (516)_R
(yokotako氏情報)

旧栃木町役場庁舎も大正時代建築
栃木 (464)_R
周辺の堀の静かな佇まい。
栃木 (468)_R
日本家屋。
栃木 (285)_R
古いコンクリート製の電柱が、建物にからみつく。
栃木 (283)_R
岡田記念館別邸 翁島(おきなじま)
栃木 (540)_R
室内の作り、素材などに豪奢そのものの風情
栃木 (546)_R
栃木 (543)_R
栃木 (562)_R
記憶違いでなければ、この廊下の板が一枚板なのだ
価値は「億」という単位だと聞いたが、そもそも
こんな建物はいま、お金をかけて出来るものなのだろうか。
栃木 (591)_R
金銭価値より、姿に惚れますね、みなさん。
栃木 (590)_R

栃木旅情 銀行家が見た夢は

旧栃木共立銀行。当時の姿そのままがそこに
栃木 (353)_R
栃木 (367)_R
栃木 (355)_R
そういえば、こんな大きな開かずの金庫を
マジシャンが開けるという話を思い出す、こんのじゃなかったのか。
栃木 (348)_R
いや、この金庫こそが、本当にその話題になった
「開かずの金庫」だったらしい。
栃木 (365)_R
家族の肖像はとってもリアルそうで
栃木 (346)_R
当時の道具がそのまま、すべて残されている凄さ
栃木 (351)_R
栃木 (357)_R
お金持ちは「お鍵持ち」でもありますね。
栃木 (358)_R
ひっそりと当時の電話がそこに。
栃木 (361)_R
離れは誰が使っていたのか。
栃木 (400)_R
栃木 (422)_R
水戸藩士から明治時代に商人に身分を変えた横山定助は
麻の荒物商として大成功を収めた。
栃木 (394)_R
栃木 (397)_R
2棟の蔵と、その間にある銀行棟、どれも有形文化財に
相応しい姿を、巴波川のほとりに今も、この姿でおわすのです。
栃木 (480)_R

栃木旅情 憧れの横山郷土館

石造りの蔵が2棟あり、その間の建物が
栃木 (318)_R
「横山家住宅」明治の豪商は、この二つの蔵の間この建物で
銀行業を営んでした。
栃木 (322)_R
美しい廊下のその先には
栃木 (335)_R
奥には、見事な和庭園が広がっているのです。
栃木 (337)_R
日本の建築は、こんなにも開放的に風を受け入れて
人はみな涼んでいたのでしょう。
栃木 (345)_R
私は初体験葛きりでちゃんと涼み
栃木 (329)_R
yokotako氏はあんみつで。
栃木 (327)_R
再び庭園からの風景。
栃木 (371)_R
母屋でしょうか。
栃木 (342)_R
庭園の中に密かに、洋館があるのでしょう。
栃木 (374)_R
ちょっと惚れるような姿でした。
栃木 (377)_R
裏玄関のうつくしさったら。
栃木 (386)_R
さりげなく和室の間に飾ってありましたこの絵に惹きつけられて、
栃木 (340)_R

栃木旅情 人情物語~正喜屋のご主人~

さあ、豪商達が作った蔵の街作りを見に行こうと
歩き始めたら、「お、蔵だ」
栃木 (213)_R
「あっちにもあるぞ」とyokotako氏と宝探しゲーム状態に。
栃木 (216)_R
祝町という町名。
栃木 (202)_R
今となっては寂しげな、街並みに。
栃木 (209)_R

ふと、すぐそこに発見したお店。
栃木 (196)_R
「菓子処 正喜屋」さん。看板が右から左へ文字が流れる、
そう、戦前の建物、それも看板建築じゃありませんか。
栃木 (200)_R
モダンですよね~

せっかくだから何か頂こうと、店内へ。
そこで見つけた驚きの逸品「木製冷蔵庫」
栃木 (218)_R
「ご主人、こ、これはあの電気じゃなくて、氷を入れる
冷蔵庫じゃないですか!」
ご主人、こともなげに「そうだよ」
私「え~これって東京の博物館にあるようなものですよ」
ご主人「へ~そんなもんかい」
栃木 (222)_R
と、私が別なものを発見。
「ご主人、これキョロちゃん缶じゃないですか、いつのものですか?」
ご主人「これは~いや、最近じゃないかなあ」
「いあ、そんなことないですよ、少なくとも私の小さい頃くらい
古いでしょう」
ご主人「気に入ったんなら、2個あるから1個あげるよ」
「え、、、あげる?いただける?まさか」
DSC_0004_R.jpg
気が付くと、このキョロちゃん缶は、私の物になっていたのです。

更に、「じゃあ、すこし休んでいけよ」のご主人のお言葉に甘え、
購入したお餅とお茶を頂き、
栃木 (219)_R
素朴で、自然な味わいでした。
栃木 (220)_R

更に、更に、「家庭防空電球」マツダ製を見せていただきました。
栃木 (225)_R
そうです、戦時中の電球は先の方しか光が出ない仕様になって
空襲に備えていたのですね。今も使用可!!驚き!
栃木 (226)_R
奥さんからは、お守りの蛇のぬけがらを見せていただきました、大きい!
栃木 (235)_R
もうすぐ金婚式だというお二人、
栃木 (237)_R
これからも元気で「正喜屋」さんを続けてくださいね
本当にお世話になりました、キョロちゃん缶は私のお宝とさせていただきます。