下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。

時のかけら 千住

気が付くと歩いてしまう街
161025-124745-北千住20161025 (30)_R
こんな風情は、もう多くはない
161025-131054-北千住20161025 (74)_R
福寿堂さん、ありがとう
161025-132851-北千住20161025 (90)_R
お寺はたしかにたくさんあって
161025-134609-北千住20161025 (123)_R
ご利益ありとみた
161025-135449-北千住20161025 (141)_R

そういえば東京にたくさんある接骨医院「名倉」の多くは、
この街で江戸時代から続く「名倉病院」の流れをくんでいるという

老いも
161025-135843-北千住20161025 (147)_R
161025-143450-北千住20161025 (182)_R
若きも
161025-140715-北千住20161025 (157)_R
161025-142205-北千住20161025 (177)_R

共生している街

時のかけら 新横浜ラーメン博物館③

ただのラーメンストリートではない、この博物館
161108-121240-横浜ラーメン博物館20161110 (33)_R
この自販機の時代がやく20年あったのではないか
161108-122111-横浜ラーメン博物館20161110 (45)_R
生きているかのような、路地
161108-122908-横浜ラーメン博物館20161110 (112)_R
いや
161108-122916-横浜ラーメン博物館20161110 (114)_R
生きているのだ
161108-123023-横浜ラーメン博物館20161110 (121)_R
161108-123026-横浜ラーメン博物館20161110 (123)_R
「大人の学校」とは何者か?
161108-123248-横浜ラーメン博物館20161110 (140)_R
闇市跡の飲み屋街、三軒茶屋にはこんな風な路地が現役で
161108-123300-横浜ラーメン博物館20161110 (143)_R

生きていたなあ



時のかけら 新横浜ラーメン博物館②

浮かび上がる昭和な街の夕暮れ時
161108-122307-横浜ラーメン博物館20161110 (74)_R

まだまだ貧しくて不幸せな人も多かったであろうあの頃

看板建築群が長屋のように連なっている
161108-122322-横浜ラーメン博物館20161110 (78)_R
昔の映画館は、あんがいとこんな小さな劇場でしたよ
161108-122303-横浜ラーメン博物館20161110 (73)_R
ああ、この「こむらさき」さんはこの施設の最初の頃からお店を出していた
161108-122248-横浜ラーメン博物館20161110 (70)_R

お隣の喫茶店「ライオン」さんを見て、あの渋谷のお店を思い出した私
161108-122520-横浜ラーメン博物館20161110 (85)_R
パチンコ屋さんに「ホール」という呼び名を使わなくなって久しい
161108-122221-横浜ラーメン博物館20161110 (62)_R
161108-122617-横浜ラーメン博物館20161110 (91)_R
「大劇シアター」
161108-122641-横浜ラーメン博物館20161110 (99)_R
これまたつい最近閉鎖された渋谷の劇場を思い出す
161108-122710-横浜ラーメン博物館20161110 (103)_R

街頭テレビでは力道山がシャープ兄弟と闘っていた(ほんとうは内容知らない)
161108-122649-横浜ラーメン博物館20161110 (102)_R

私はまだ生まれていない頃の昭和なのかもしれない

時のかけら 新横浜ラーメン博物館①

新横浜駅から数分のビルの一角にそれはあります
161108-125442-横浜ラーメン博物館20161110 (1)_R
あえてこのど定番な看板を使うことが、私のお気に入り
161108-125418-横浜ラーメン博物館20161110 (171)_R
「鳴門橋」駅を降りると
161108-123536-横浜ラーメン博物館20161110 (160)_R
161108-123603-横浜ラーメン博物館20161110 (164)_R
161108-123507-横浜ラーメン博物館20161110 (159)_R
それは始まります
161108-123610-横浜ラーメン博物館20161110 (167)_R
テレビで見覚えのある顔、怖い、、、
161108-122855-横浜ラーメン博物館20161110 (110)_R
161108-122849-横浜ラーメン博物館20161110 (109)_R
このシンプルな姿には
161108-114944-横浜ラーメン博物館20161110 (4)_R
期待してしまいます
161108-115022-横浜ラーメン博物館20161110 (8)_R
まずは一杯

そして
161108-121146-横浜ラーメン博物館20161110 (24)_R
二杯目
161108-120141-横浜ラーメン博物館20161110 (15)_R
161108-120149-横浜ラーメン博物館20161110 (17)_R
うーん、こっちの方が好きかな

時のかけら 浅草

最近は、横浜とか群馬とか、東京を離れることが多い、
けれど、東京の下町、お約束のように時折、歩くのです。

どこだったかしら
160723-182505-奥浅草 (47)_R
160829-165925-浅草・かっぱ橋20160829 (11)_R
160829-170751-浅草・かっぱ橋20160829 (32)_R

カッコいい看板でした
160718-161452-浅草 吉原 (246)_R
160718-144847-浅草 吉原 (136)_R

ランドマーク?
160718-152039-浅草 吉原 (183)_R
名所がここにも
160718-132932-浅草 吉原 (34)_R
あそこにも
160718-150418-浅草 吉原 (166)_R

なんとも好きなこの姿
160718-155514-浅草 吉原 (239)_R
エビで何を釣るのかな?
160718-150647-浅草 吉原 (176)_R

目に映る建物は
160718-132914-浅草 吉原 (32)_R
凄いと、思う
160718-132555-浅草 吉原 (23)_R