下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

奥浅草 そっと佇む 粋な看板の店々

ちょっとウケました。誰がじじばばか?
浅草2 (141)_R
浅草2 (104)_R
「洋食喫茶一富士」という店名、大正時代の流行かしら
浅草2 (107)_R
3枚は同じお店。
浅草2 (120)_R
浅草2 (121)_R
浅草2 (124)_R
つるつる、じゃなくて「てるてるぼうず」
浅草2 (134)_R
モダンなお店が、今やレトロなお店でしょうか。
浅草2 (136)_R
浅草2 (138)_R
浅草2 (128)_R
この風景、奥浅草に来た方は、「梅むら」「小桜」とセットで
立ち寄ってもらえたらいいなあって、でも、通りすぎてしまうかも
しれませんねえ。
浅草2 (125)_R

以前から、浅草の浅草寺や浅草神社の先には、
何があるのだろうなあと、なんとなく歩いてみたかったのですが、
浅草は、奥深い街だなあと、改めて感じたのでした。

奥浅草、いかがだったでしょうか。
ご訪問くださった皆さん、ありがとうございます。
ここも、おススメです。
広さはほんの一区画でこの楽しさは、すごいことですね。
また、ぜひいらしてください。

奥浅草 元料亭の威厳と格式

「へたうま看板」どころか、いいネーミングばかりです。
浅草2 (94)_R
浅草2 (95)_R
「喫茶店」というのは、どこもこんなお店の時代がありましたよ。
浅草2 (97)_R
元料亭に出会った。
浅草2 (99)_R
浅草2 (101)_R
いつか、だれがこの場所に足繁く通ったのか、
浅草2 (116)_R
お隣に上品な「かりんとう」やさんがあって、
浅草2 (118)_R
「いつごろからお店をされているんですか」
「もう、随分と前から。元々、お隣の料亭のお客様が買われるお土産のお店だったんですよ」
なるほど、そのお店が今や、有名店になっていた。
「浅草 かりんとう 小桜本店」。
あっさりとした味わいの粒の小さなかりんとうは、上品そのもの。
浅草2 (119)_R
またちょっと歩くと、今度は現役の料亭。先程のお店もこちらも、
店名が読めませんでした。AzTakさん、読めるでしょうか。
浅草2 (130)_R
浅草2 (132)_R

奥浅草 千束通りから銭湯「曙湯」へ

梅むらを後にして、更に西に向かう。
途中、いいなあって感じる看板が、
浅草2 (32)_R
浅草2 (34)_R
そう、飲み屋街なのです、ここは。
浅草2 (69)_R
千束通りに出ます。
浅草2 (36)_R
この先は吉原・山谷・そして三ノ輪まで続きます。
浅草2 (42)_R
「デンキヤホール?」電気屋?デンキブラン?
浅草2 (44)_R
ちょっと中に入るとまた好きなネーミング。
浅草2 (45)_R
おおーーつ、また銭湯に出会えましたね。
浅草2 (74)_R
なんか格好良くて、高級そう?かな。
浅草2 (76)_R
「PUBLIC BATH 」ですから。
浅草2 (82)_R
初めて見ましたね、下町の銭湯で自動ドア。
浅草2 (87)_R
この化粧が、この銭湯の最初の頃の名残りを残してくれているんですよね。
浅草2 (88)_R
とにかく「粋」でした。私も入りたいよ。
浅草2 (86)_R

奥浅草 甘味処梅むら 

先日、「浅草地下街」を訪ねた時、浅草松屋の奥の方、
「奥浅草」といわれる場所も通ってみたのです。
浅草2 (5)_R
東武線の下の建物は、電車の美しさとは真逆の姿、
それがまた、いい感じでもありました。
浅草2 (7)_R
浅草2 (10)_R
楽しげな、お土産やさん?駄菓子屋さん?
浅草2 (2)_R
可愛い、店先のお印。
浅草2 (1)_R
そして、出会った本物の甘味処「梅むら」
浅草2 (21)_R
「豆かん」と「ところてん」をオーダー。
普段は甘党ですのであんみつを頼む私ですが、
浅草2 (24)_R
ここの「豆かん」惚れてしまいました。甘いのに豆の味もどーんと
舌に伝わってきて、贅沢な輝きでした。
浅草2 (25)_R
浅草2 (26)_R
ところてんも頂いて1000円ちょっとだったか、高くはありません。
ベテランのご主人が、おみやげ用の豆かんパック入りを
無言で造り続けているのが印象的でした。