下町風来坊~小僧の温故知新~

こんにちは。北海道から数十年前に首都圏に移住。谷中のように、繁盛し続けている下町や商店街、ちょっぴり役割を終えつつある街並み、そしてもう役割を終えたはずなのに今も輝きの残照を残している旧色街など、江戸から平成までの生きた街の姿を紹介します。  ※当ブログで使用されている写真の使用・転載はお断りいたします。

時のかけら 神谷バー 始まりはここから③

神谷バー 始まりはここから

以前紹介した『神谷シャトー』
180529-114014-牛久20180529 (266)_R
その神谷資料館に展示されていたもの
180529-122731-牛久20180529 (504)_R

これこそが、神谷傳兵衛氏がお酒での最初の成功を収めた
180529-115739-牛久20180529 (384)_R
初代、神谷バーの建物
そして今回記事にしている『神谷バー』の建物は2代目
180629-153527-上野・浅草・神谷バー20180703 (153)_R
この写真の左側を見てほしい
180529-115710-牛久20180529 (377)_R
それこそが、
180529-115646-牛久20180529 (376)_R
このお酒を、現在の神谷バー裏で作っていたこのお酒を造る
工場の在りし日の姿

更にモノクロ写真1枚
180529-115817-牛久20180529 (386)_R
当時、風光明媚な別荘地であった稲毛の浜に神谷傳兵衛が作った別荘

今もこうして残されている、不思議
150402-144036-神谷邸100 (78)_R
150402-144102-神谷邸100 (82)_R
そして、この建物との出逢いから、
150402-144409-神谷邸100 (93)_R
牛久シャトー、神谷バーと繋がっていく不思議
全て世の中は繋がっているのだろう
[ 2018/07/11 00:02 ] 未分類 | TB(0) | CM(0)

戸山ハイツ 公園・教会・築山 時には団地のように①

『戸山ハイツ』ご存じの方はいますか?
私はブログのお友達『間違いだらけのキッチン選び』のkitchenplazaさんの記事で知りました。

それは、何者なのか?
ここから記事は始まります。ここは何処?私は誰?
180622-121518-戸山ハイツ20180622 (2)_R
新宿東口、アルタ前ですね。
180622-121522-戸山ハイツ20180622 (4)_R
歌舞伎町方面に向かうと、
180622-121706-戸山ハイツ20180622 (8)_R
ああ、昔からここでフルーツを割りばしに刺して売っていた。
180622-121801-戸山ハイツ20180622 (11)_R
なんだか無性に食べたくなって200円支払う
180622-121959-戸山ハイツ20180622 (13)_R
やっぱり、甘くて美味しい
180622-122037-戸山ハイツ20180622 (17)_R

歌舞伎町へと
180622-122150-戸山ハイツ20180622 (22)_R
たぶん、この東急のビルが『新宿コマ劇場』だった、、、のだろう
180622-123121-戸山ハイツ20180622 (33)_R
変わりゆく新宿、

突然、ラーメン、チェーン店で変わらぬ美味しさNo1が、
180622-125239-戸山ハイツ20180622 (50)_R
『池袋 屯ちん』さんに入り、ラーメン大盛りを頂く
180622-124337-戸山ハイツ20180622 (38)_R
『東京とんこつラーメン』癖になってしまう、スープのおいしさ、麺の味わい、
180622-124356-戸山ハイツ20180622 (43)_R
180622-125204-戸山ハイツ20180622 (48)_R

歌舞伎町界隈から、東新宿駅方面を地味に歩いて行くと

その建物は突然姿を現わした
180622-131229-戸山ハイツ20180622 (63)_R
これこそが『戸山ハイツ』
180622-131539-戸山ハイツ20180622 (70)_R
180622-131237-戸山ハイツ20180622 (68)_R

そう、戦後団地の先駆け、嚆矢
(続く)
[ 2018/06/30 23:46 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

日光街道 杉田宿 知らないふう①

桶川宿を訪問した際、観光案内所で『埼玉6宿』というパンフレットが目に留まり
帰りに内容を見ていたら『杉戸宿』という旧宿場の存在を知り『へー』と思い
その1週間後に訪れました。

なかなか素敵でしたね

そもそも杉戸宿は何処にあるのか
180511-094256-杉戸宿201811 (224)_R
そうです、東武伊勢崎線の『東武動物公園』駅を降りて
180511-094342-杉戸宿201811 (226)_R
動物公園の逆、東口を降りた、その先にあります。杉戸町です。
180511-094519-杉戸宿201811 (228)_R
それでもわからない方も多いと思いますが、そんなもんでしょう、知らないふうです

いきなり駅前一番街、30年前の街の主役か、、、
180511-094628-杉戸宿201811 (237)_R
いえ
180511-094643-杉戸宿201811 (239)_R
残ってますよ、この『のんき』さんとか
180511-094832-杉戸宿201811 (251)_R
あとは、数店舗かな
180511-094904-杉戸宿201811 (253)_R
百間(もんま)という地名が珍しいし、
180511-095025-杉戸宿201811 (262)_R
ここ、まだ杉戸町ではなくて、宮代町だし

30〜40年前の伝統的なパチンコ屋さんが残されていて
180511-095115-杉戸宿201811 (266)_R
営業はされていない模様
180511-095252-杉戸宿201811 (268)_R
質屋さんが少し古風な建物

この川は、この大人しい川は『古利根川』
180511-095326-杉戸宿201811 (270)_R
ということは、ここは交通の要所だったということ、徳川家康により川の進路が変えられるまでは
180511-095443-杉戸宿201811 (275)_R
この橋を渡ると、『杉戸町』になります。
[ 2018/06/08 23:31 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

足尾銅山 本山坑跡

先日紹介したのが、足尾銅山の3大坑道の一つ通洞坑。
今日紹介するのが、本山坑跡と周辺施設・遺構

通洞坑エリアから
180417-110913-足尾銅山20180417 (57)_R
この渡良瀬川に沿って北上した『本山坑』エリアの紹介ですね
180417-111846-足尾銅山20180417 (79)_R
水が綺麗で川底が透けて見えます
180417-111844-足尾銅山20180417 (78)_R

先に見えてくるのがこの建物『本山製錬所跡』
180418-124038-足尾銅山20180417 (1321)_R
180418-124043-足尾銅山20180417 (1324)_R
この建物の前の細い山道を登ると、見えてきたもの
180417-145822-足尾銅山20180417 (546)_R
たぶん、これが『本山坑跡』の遺構の一つではないかと
この辺りはすべて古河機械金属という会社の所有地で、非公開
180417-145918-足尾銅山20180417 (548)_R
上の写真左のフェンスから先、入れないのです
180417-145920-足尾銅山20180417 (549)_R
道を挟んで向かい側には『本山鉱山神社跡』
180417-150727-足尾銅山20180417 (576)_R
お猿さんが群れを成してたむろしていて、
180417-151211-足尾銅山20180417 (611)_R
恐る恐る近づいたkozoh55
銅山の繁栄と人々の安全を祈願して坑夫さんたちの寄進で明治22年建築。
神社入り口わきで、嬉しい発見『浴場跡』
180417-150818-足尾銅山20180417 (580)_R
無造作に置かれたたぶん、風呂釜の煙突
180417-150827-足尾銅山20180417 (582)_R
180417-150928-足尾銅山20180417 (591)_R
水道の蛇口まで残されている
180417-150932-足尾銅山20180417 (594)_R

銅山での作業を終えた坑夫達は、浴場にて一日の汗・泥を取り除き
至福の時間を過ごしたことでしょう
[ 2018/04/24 17:43 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)

松戸 住んでこそ幸せ 『富田食堂』

ラーメン好きならご存じの方も多いでしょうけど、
松戸はラーメン激戦区、有名ラーメン屋が集まって
競い合っている地のようです。

ラーメン好きのkozoh55ですが、何故だか今回、初訪問。
180410-124806-KOZ_7796_R.jpg
駅南口は、地味

そして、数分で到着、『富田食堂』さん
180410-125122-KOZ_7799_R.jpg
日本一の行列店、今回海外で映画化となった人物、
富田さんのお店『とみ田』の支店

頂きました
180410-125758-KOZ_7803_R.jpg
姿がとてもシンプル
180410-125753-KOZ_7802_R.jpg
スッキリとまったくえぐ味とは無縁のスープ

180410-125802-KOZ_7804_R.jpg
細麺が程よい腰の硬さで、、
180410-125807-松戸201804 (2)_R

なんだろう、これが素材を選び抜いた味なのか

そして、ここがまさに『とみ田』
180410-130803-松戸201804 (14)_R
今、昼の1時半
180410-130828-松戸201804 (17)_R
今から並べば3時半には食べられそうだけど
180410-130738-松戸201804 (12)_R
もう1店、一度は訪れたいお店があったので、松戸駅を後にする
180410-130501-松戸201804 (8)_R

衝撃の出逢いがやってくる
[ 2018/04/12 11:07 ] 未分類 | TB(0) | CM(2)